スキップしてメイン コンテンツに移動

悪魔の壺ニラ

悪魔の壺ニラ

バズレシピ Advent Calendar 2022 - Adventar9日目です。

今日から3日間、実際に作ったバズレシピをアップしていきます。 まず初日はこれ、悪魔の壺ニラ

ご飯のお供に、ラーメンの上に乗っけて、お酒のアテとして。 色々な活用方法があります。

お酒を飲みに来た友人に出した所、みんなめちゃくちゃ喜んで食べていました。 作ったバズレシピの中でも他人の評価が一番高かったのが、このレシピです。 作り方を聞かれたので、レシピのURLも教えました。

ニラを切って、ZIPロック的な袋に入れて、調味料入れてモミモミして、一晩置くだけなので、超簡単です。 ちなみに、お味噌は丸の内タニタ食堂の減塩みそを使っています。好きなんですよね、この味。 唐辛子は、業務スーパーで手に入れたキムチ用唐辛子を使っています。 多分、この2つを採用すればほぼ同じ味になると思います。 調味料は結構目分量で入れているので、塩は無くても良いかもです。

コメント

このブログの人気の投稿

ddu.vim introduction

ddu.vim へ移行する 昨日、重い腰を上げて、 denite.vim から、 ddu.vim への移行を行った。 基本的なセッティッグは、ddu.vim の README.md を読めばある程度出来る。 とは言え、ddu.vim の理念を理解していないとそもそも使えないプラグインなので、理念を含めて説明していきたいと思う。 ddu.vim とは ddu.vim は、 Shougo さんによって開発されている、Vim プラグインである。 Unite.vim や denite.vim の流れを組むプラグインであり、物凄く雑に説明すると、Vim で操作できる全てをコントロールしようというプラグインである。 雑すぎねーか。 Unite.vim からこのコンセプトは変わっていないが、Unite.vim は速度が遅いという欠点を抱えていた。 そこで、速度改善のために、pure Vim Script から脱却し、Python3 を採用したのが、denite.vim。 しかし、denite.vim は Python 回りのでトラブルが多かった。 そういう地獄のような状況で、 denops.vim というプラグインが登場する事で環境が一気に変わった。 denops.vim は、 Deno を Vim で使えるようにするプラグインで、これがべらぼうに Vim と相性が良かった。 早いし、色々なことが出来るなど、非常に柔軟な対応を出来るようになった。 Python ちゃんは要らなかったんや……。 簡単にまとめると、 ddu.vim は全てを繋ぐ 環境依存性を著しく下げる denpos.vim の登場により、環境構築が容易に Deno を採用することで高速性と柔軟性を担保 と言った、まさしく次世代のプラグインと呼ぶことが出来る。 ddu.vim の概念 ddu.vim には、 UI sources filters kinds という概念があり、これらも合わせてインストールが必要である。 それぞれ好きな物をインストールすれば良いと書いてしまえばそれで終わりなのだが、初めて導入する人にとっては何を言っているのか意味が分からないと思う。 UI は、文字通り、ユーザーインターフェースである。 とりあえず、ファジーファイン

死ねばいいのにを読みました【ネタバレあり感想】

死ねばいいのにを読みました 読書熱が再熱し、京極夏彦の「死ねばいいのに」を読みました。 ストーリーはこんな感じです。ある派遣社員OLが殺され、その関係者を若い男が尋ねてそのOLの事を聞き出す。ただそれだけのストーリーです。 以下、ネタバレ感想です。