スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

WSL2にfishを導入した

WSL2にfishを導入した 最近、WSL2をカスタマイズするのにハマっている。 カスタマイズを始めると、色々とやりたくなるのは開発環境構築あるあるで、以前から気になっていた fish を導入することにした。 fish のインストール sudo apt install -y fish aptで入れるだけなので、簡単。 chsh which fishでパスを確認し、 chsh を実行する。 自分の場合は、「/usr/bin/fish」にインストールされていた。 fisher のインストール fishのプラグインマネージャーにはfisherを採用 curl -sL https://raw.githubusercontent.com/jorgebucaran/fisher/main/functions/fisher.fish | source && fisher install jorgebucaran/fisher これもワンライナーでインストール出来るので楽ちん。 fisherプラグインを入れる テーマ まず、テーマを入れる。 fisher install oh-my-fish/theme-bobthefish これで、いい感じのテーマが入る。 今使っているLightlineライクなテーマで個人的には気にいっている。 もし、文字化けするようであれば、weztermのフォントを変えればOK。 weztermの設定に関しては、 前の記事 に書いてある。 z 補完を色々とやってくれるzも入れた。 fisher install jethrokuan/z 「z ディレクトリ名」を入力した後、TABキーで補完してエンター押せば一発移動してくれるので超便利。 オススメ。 他にも何かオススメのプラグインがあったら教えてください。 環境変数を適用する このままだと、何故かdenoを認識してくれなかったので、環境変数を適用する。 ファイルの場所は、 ~/.config/fish/config.fish 。 if status is-interactive # Commands to run in interactive sessions can go here # deno set -x DENO_INSTALL
最近の投稿

Windows11 on WSL2 + wezterm + Neovim = 最強開発環境

Windows11 on WSL2 + wezterm + Neovim = 最強開発環境 これは、恥を忍んで書いている。 以下の点を守れば、Neovim使いにとって最強の開発環境を手に入れることができる。 開発用ディレクトリをWSL内に入れる Terminalをweztermにする wezterm内でNeovimを使う 開発用ディレクトリの位置 さて、まずは開発用ディレクトリの位置に関してだが、これはWSL内に入れると非常に快適に動作してくれる。 何を当たり前の事をと思われるかもしれないが、案外気が付かずに開発している人もいるかもしれないので、テキスト化する。 実は、自分は、 /mnt/d/hogehoge のようなディレクトリ下に開発用ディレクトリを置いていた(今もいくつか置いてある)。 これで問題なく開発できるプロジェクトもあるが、WSL経由でやろうとすると 死ぬほど遅い 開発体験になる。 もう既に識者の方は気がついていると思うが、/mnt/cや/mnt/d以下のアクセスはWindows経由でのアクセスになる。つまり、wsl→仮想ネットワーク→Windowsという遠回りをしてファイルにアクセスしているのと同義であった。 これは、非常に遅い開発体験になっても仕方がない。 自分は、開発ディレクトリを /home/ユーザ名/develop 以下に移動して、めちゃくちゃ快適な開発体験が出来るようになった。 yarn installがやけに遅かったり、yarn devでの起動が異様に遅かったのは、開発ディレクトリの位置が悪かったからという非常にお粗末な環境設定のせいだった。 もし、WSLで開発しようと思っている人は、ちゃんとWSL内にファイルを置いて開発する事。 試してないけれど、シンボリックリンクで/mnt/cとか/mnt/dに繋ぐと同じように遅延が発生すると思われるので、絶対辞めるように。 ちなみに、この情報は英語圏には大量に出回っており、既知の事実として知れ渡っている。 なんてこったい。 Weztermの設定 Cross Platformで使えるWeztermが非常に良い。 自分はとりあえず最小構成で使うようにしている。 local wezterm = require 'wezterm' local act = wez

Next.js でのハマりどころ

Next.js でのハマりどころ 自分用メモの羅列 firebase用の.envファイルのパラメータ命名 NEXT_PUBLIC_FIREBASE_API_KEY="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_AUTH_DOMAIN="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_PROJECT_ID="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_STORAGE_BUCKET="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_MESSAGE_SENDER_ID="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_APP_ID="" NEXT_PUBLIC_FIREBASE_MEASUREMENT_ID="" 先頭のprefixに必ず NEXT_PUBLIC_ をつける事。これをつけないと、Next.js内で参照する事ができない。 process.env.~でアクセスするコードを書くと分かるが、コマンド実行しているコンソール内にはきちんと設定した環境変数が出力されるが、ブラウザのコンソール内にはundefinedが出てくる。 こういう謎のprefixをつけなきゃ見えないみたいな処理が入ってるのは、フレームワークあるあるの罠である。 ロード時間に死ぬほど時間が掛かる プロジェクトに recharts を追加してからyarn devしたら、読み込みに死ぬほど時間が掛かるようになった。 具体的には、1.8Mのjsファイルを読み込むのに1分ちょい掛かるというありえない開発体験をする事に。 「nextjs development loading very slow」みたいなキーワードで検索すると、検索トップに Super slow page load times in development environment みたいなgithub discussionページが引っかかった。 これをばーっと眺めていると、どうやらGoogle ChromeのPWA用キャッシュをクリアすると早くなるらしい。 半信半疑で、Application→Application→Storage→Clear site dataをクリックしたら、見事にロード時間が改善

プロジェクト・ヘイルメアリーを読んだ

プロジェクト・ヘイルメアリーを読んだ アンディ・ウィアーの長編、プロジェクト・ヘイルメアリーを読んだ。 面白かった。 それに尽きる。 この作品の凄さ とあるレビューでは、科学的な嘘がたったの2つ程となっていたが、個人的には3個だったかなと思っている。 厳密に追求するともっとたくさん出てくるけれど、それに関しては省略。 いわゆる ハードSF という形を取っていて、SFうるさいおじさんをしっかり黙らせる構成になっている。 また、 エンタメ小説 の側面が非常に強く、難しい本を読んでいるというイメージは一切ない。語り口が軽妙で、難しい話もなるべく少なくなっている。 ある程度しっかり勉強している人なら、お、ちゃんと計算してるって分かる描写と、ど素人でも理解できる表現でそれをまとめているのは、流石といえる。 主人公の性格も救いだ。 火星の人 の時もそうだったが、主人公の楽観的な性格が物語の大変さをかなり軽減している。 もし、陰鬱な性格の主人公だったらこの作品は失敗していただろう。 この作品のダメな所 手放しで全部褒めてもいいが、ダメな所が無いわけでもない。 例えば、ピンチに次ぐピンチが続く描写があるのだが、(ある意味)単調に見えてしまう。何もかも上手くいくように見せかけて、大失敗をしてそれをさらに頑張ってしのぐみたいな展開が続く。 これは火星の人の時でもそうだったが、上手く行っている時ほどその後に大失敗が続く。言ってしまえばワンパターンの展開なのだ。 もちろん、ピンチの描写が非常に多彩なのでそれを「ワンパターン」という乱暴な言葉でくくる事が大変失礼だと思うが、あえてそうさせてもらった。これは、アンディ・ウィアーの癖のようなものかもしれない。 あと、たまに意味不明な文章が出てくる事がある。ある人は、誤訳だと指摘していて、なるほどと思った。 僕は原文を全部読んだわけではないので、誤訳がどれだけ含まれているか指摘はできないのだが、正確性が気になる人にとっては致命的な部分になるかもしれない。 一部そういう箇所があるだけで、全体は非常に読みやすく翻訳されているので、この翻訳がダメだったという気は毛頭ない。 総評 とても面白かった(小並感)。 ネタバレしたら面白さが全部半減するから、ほとんど書くことが無いのは確か。 息が詰まる様なピンチの連続から、最後の大

連城三紀彦の戻り川心中を読んだ

連城三紀彦の戻り川心中を読んだ 2023年初LooxUと初音ミクで行こう!は、ミステリ感想文から。 皆様こんにちは。あなたの隣に偏在するArc Cosineです。 さて、今更ながら連城三紀彦氏の戻り川心中を読みました。 以前から、傑作だという声は聴いていましたが、なかなか手を出せずにいました。 この正月休みで重い腰を上げて読み始めたのですが、すごいですね、これ。 収録されている短編は 藤の香 桔梗の宿 桐の柩 白蓮の寺 戻り川心中 の五編。どの作品も非常に色っぽい文体で、ミステリというよりかは純文学に近い感じを受けました。 表題作の戻り川心中が、対外評価も一番高い作品だと思うのですが、この中で一番ヤバかったのは 桔梗の宿 でした。 ネタバレになるのですが、桔梗の宿は日本人ならほとんど知ってる とある事件 が物語のトリックに使われていて、読後にはすぐに分かったのに、読んでいる最中は全くそんな気配を感じることができなかったのが、本当にすごかったです。 何よりも、ネタバラシの所に描かれている、匂い立つ色気に物凄く感動しました。 あー、そうそう、そうだよねー!と思いつつ、おいおいおいおい、お前かーい!という衝撃。 何のことか分からないかもしれませんが、書いている僕も良く分かっていません(笑)。 桔梗の宿作りは、男性よりも女性の方が絶対好みだなと思います。 男性はどちらかと言うと、桐の柩の方が好きなんじゃないでしょうか。 表題作の戻り川心中もかなりの意欲作且つ技巧作で、思いもよらないオチが用意されています。 古い作品ですが、今読んでも色褪せない魅力が詰まった作品です。 個人的なランキングとしては、 桔梗の宿 ≧ 戻り川心中 > 桐の柩 ≧ 藤の香 ≧ 白蓮の寺 という感じ。 どの作品も甲乙つけがたい傑作です。 なによりも、文体が良い。 もし、未読の方は、これをきっかけに読んでみるのはいかがでしょうか。

ラーメン赤猫のラーメンを再現した

ラーメン赤猫のラーメンを再現した 2022年も本日で終わり。皆様いかがお過ごしでしょうか。 以前から作ろうと思っていたラーメン赤猫のラーメンを再現しました。 ラーメン赤猫とは ラーメン赤猫は、少年ジャンプ+で連載されている漫画です。 その中に登場するラーメンについて分かっている情報は下記の通り。 ラーメン赤猫しょうゆ 鶏ガラベース 煮干し 昆布 しいたけ キンツァイ 鴨肉のチャーシュー 手作りメンマ 煮玉子 虎打麺 あっさり 鰹節トッピング 醤油ダレ少なめ こってり 自家製チーユを追加 鶏皮、鶏そぼろも追加 特製 虎打麺 この辺が情報として記載されています。 この中でキンツァイ(中国セロリ)と、鴨肉のチャーシューは再現が難しいと思ったので、代替品や既製品に頼ることにしました。 虎打麺 最も再現不可能なのは、虎打麺である事に、異論はないでしょう。 しかし、今回はその虎打麺を再現しました。 今回は、ラーメン赤猫の再現ラーメンにチャレンジします。一番の難所は虎打ち麺。自分をクリシュナちゃんだと思い込んだ異常独身男性に成り切ることで、虎打ち麺を再現 pic.twitter.com/PWRTVSZpTv — ArcCosine💉💉💉💉 (@ArcCosine) December 30, 2022 自分を虎だと思い込む事で、虎打麺が出来上がりました。 冗談はさておき、今回の麺は、小麦粉300g、水110g、塩3g、重曹3gの加水率38%くらいのやや固めの麺にしてみました。 これぐらいの加水率だとやっぱりパスタマシンとかが無いとダメですね。 手打ちするなら、加水率をもっと上げる必要があります(まとまらない)。 加水率を下げる事で、ラーメンっぽさがさらに上がりました。 ラーメン赤猫は醤油ラーメンなので、多分これくらいの加水率が良いだろうなという予想でしたが、それが大正解。 めちゃくちゃスープを吸ってくれました。 麺作り楽しい。 スープ 今回のスープはかなり簡単に作りました。鶏もも挽き肉に、昆布と椎茸と煮干しを合わせてちょっと沸かせただけです。 スープの骨格としては、鶏肉スープという感じでしょうか。 本当は鶏ガラ出汁が良いと思うのですが、鶏肉スープも十二分に美味しかったです。 漫画を見る限り

2022振り返り

少し早いけれど、2022振り返り 早いもので、2022年もあと10日程で終わる。今年もいつも通り時間が過ぎるのが早かった。 やや早いが、2022年を個人的に振り返ってみたいと思う とあるプロジェクトに参画 オープンには出来ない情報なので、オープンにはしないが、この春頃からとあるプロジェクトに参画している。 個人的にずっとやりたかったことであり、それは今も楽しくやっている状況である。 どこかで公開されるかもしれないし、公開されないかもしれない(後者の確率が高くなりつつある)が、それでも最後までやれる事をやって行きたいと思っている。 popInからの卒業 実は、数ヶ月前にpopInを卒業していた。退職エントリとか特に書く必要は無いと感じていたので、書いていない。 popInのプロダクトのほとんどにフロントエンジニアとして関わりを持たせて頂いたのは、ありがたい限り。 自分の技術力に関する自信を深める事が出来た期間であった。 ありがとう、popIn。 パズドラブログの終了 8年5ヶ月程書いていたパズドラブログを終了させた。 もうパズドラネタで、書けることは無いからというのが主な理由。 今後再開することも無いだろう。 女の子への告白と振られ。 先日、勇気を出して気になっていた女性にお付き合いの打診をしたのだが、見事玉砕。 多分、今年一番の悲しみはこの出来事だと思っている。 女の子へ告白成功率はこれで1勝2敗。うーん、どんどんダメになってるなぁ。 とりあえず、来年も独身おじさんを続けることになりそうだ。 結婚したい……。 開発環境のSwitch 開発周りでの一番の変更は開発環境をSwitchした事かもしれない。 長年親しんできたVimの変わりにNeoVimをメインエディタとして採用。 Windows Terminalではなく、Weztermの採用。 WSL2にUbuntu乗っけて、そこで開発するスタイルに変えている。 地味に、今までやってみたかった、Dockerベースの開発や、フレームワークとしてNext.js+Tailwind.cssを採用するなど、今まで出来なかった事に手を出している状況。 特に、Next.jsをベースにしたTypeScriptをコアに置いた開発体験は未だに慣れていない(笑)。 型を意識せずにコードを書いていた事で、色々と血反吐を吐いてる事が多いの