スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

2022年秋アニメが豊作すぎる

2022年秋アニメが豊作すぎる 2022年も終わりを迎えつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 僕は読書の秋とアニメの秋と開発の秋を堪能しています。 忙しいです。 ということで、今期のアニメはめちゃくちゃ豊作。続編で面白いのもあるし、新作も面白いのがたくさん。 自分個人としても続きが気になるアニメが一杯出ていて、正直追いかけるのが大変なくらいです(でも楽しい)。 そんな秋アニメについての感想をつらつら書きます。 ブログの秋って奴ですね(なんだそれ)。 ぼっち・ざ・ろっく! スタッフに原作愛が溢れかえった人おるやろってくらいむちゃくちゃ作り込みが凄いアニメ。 四コマ漫画をストーリー仕立てにするのにはかなりの改変が必要なのだが、それを見事にやってのけてる。 きらら系は強い。 なんていうか、けいおん!の再来を彷彿させる感じがするが、けいおん!とは全く別物で、ハイスペックスーパー美少女が変顔と承認欲求を爆発させてる状況が面白くならない訳がない。 何よりも、第五話の「ギターと孤独と蒼い惑星」のシーンで「あ、これ面白い」って感じさせるアニメだった。 ぼっちちゃんの承認欲求が、自分から、結束バンドへ向かったシーンが、おじさんたちは好きすぎるんですよ。 曲の演奏でそれを伝える演出が素晴らしすぎて、何度も見返してる。みんな見かえせ。 機動戦士ガンダム 水星の魔女 プロローグから、大分ぶっ飛んだ事をやりつつ、第一話~三話まで怒涛の展開を示して、Twitterでのバズを生み出してる作品。リコリコと似たような雰囲気を感じる。 インパクトのあるキャラクターと、インパクトのあるセリフで視聴者を惹きつけつつ、模擬戦という人死にが出にくい構造にして、間口を広げたのが戦略的だと感じた。 まあ、その後あっさりメインキャラクターを殺していて、ああ、やっぱりガンダムやんけと思った。 OPの祝福に描かれているエアリアル君のクソ重感情、地味にプロローグと本編に生じてる時間のズレ、セリフの端々に含まれる不穏さなど、考察厨の事もしっかりケアした作品作りは流石の一言。 強いキャラクターと強いセリフと、意味深な伏線はみんな大好物なんだって事がはっきり分かる。 個人的には、エアリアル君の動きが女の子的な動きをしていて、作画スタッフすげーなーと思っています(小並感) チェンソーマン 色々と酷評を受け
最近の投稿

ジョン・ミルトンの失楽園を読んだ

ジョン・ミルトンの失楽園を読んだ 秋の夜長という事で、ジョン・ミルトンの失楽園を読んだ。 名作中の名作とも言われているし、欧米というよりキリスト教圏の人たちに取っては、古典中の古典だと思うので、一度は目を通すべきだと常々思っていたが、それがようやくかなった形になる。 ちなみに、これは図書館で借りて読んだ。流石に、自分の図書の1冊として加えるには重鎮すぎる(笑)。 失楽園の概要 失楽園のWikipedia を見れば、おおよそのあらすじを見ることが出来るし、ここを読むだけで十分である。 日本人的な知識ベースだと、このあらすじがとても上手くまとまっているし、これだけで十二分に理解出来る。 この叙事詩は、いわゆる創世記の記述を大幅に加筆表現した物であり、原著では3ページくらいの内容を200ページぐらいまで膨らませた話になっている。 だからといって、中身が薄くなっているという事はなく、ジョン・ミルトンの思想をふんだんに盛り込んだ作品となっており、非常に読み応えがあった。 伏魔殿 パンデモニウム という言葉がここに出てきているのも、感慨深いものを感じた。 僕の場合は、 銀魂のパンデモニウムさん が出てくるが、まあ、それはそれw。 こういう所で、原点を知ることが出来るのが、古典文学を読む時の醍醐味だと個人的には思っている。 ミルトンは何を伝えたかったのか 大筋は、創世記に記されている事柄がベースなので、3行程度でまとめられる内容ではあるが、ミルトンが伝えたかったのは最後の12章の所だと個人的に感じた。 解説の部分を読む限り、ミルトンとしては新世界への切々たる思いを綴ったんだと個人的には理解している。 確かに、この救いがなく、変わりゆく世界に、ミルトンは絶望したが、それでもなお「救い」を求めてこれを書いたんだと考えると、ミルトンの切実な叫びを現代でも受け取れるそんな錯覚すら感じた。 失楽園の最後は、明るい未来を描いて終わっている。 ミルトンの希望を描く事で、この壮大な叙事詩は結ばれており、読んだ後の爽やかさは、彼の願いの清涼さなのかもしれない。 一方、その途中には、人間が持つ醜悪な部分が各所に散りばめられている。人間の綺麗な部分では決してなく、むしろその弱さや醜さを描く事で、今の欠けた部分を抱える人間を表現していたと言えよう。 「人間」と「救い」それが、失

人生初のトラックボールM1

初めてのトラックボール ここ最近、色々と必要と欲望が綯い交ぜになった感傷に流されて、色々と買っている。 その内の1つでトラックボールを購入した。 当初の予定 当初の予定では、 ロジクールのM575 を購入する予定だったが、ひろゆきがロジクールの特集ページに出ていたので、購入意欲を削がれた。 そのまま、Amazonを流し見していたら、見たこともないメーカーのマウスが目に留まった。 それが、今回購入した JUNNUP というメーカー。 いわゆる無名のメーカーだが、商品詳細を見て、これだと感じた。 M1 今回購入したのは、M1という名前のトラックボール。 3台のデバイス切り替えが可能 USB-Cで充電可能←これがでかい エルゴノミックデザイン といった条件が重なり、購入する事にした。 何よりも、値段が安い。3,000円ちょっとで買えるのだから、お買い得だ。 使ってみた感想 実際に使ってみた感想は下記の通り。 トラックボールの使い心地は悪くない。 操作性には慣れが必要(まだ慣れていない) マウスホイールの性能はイマイチ(今まで使ってた、ロジクールのM590との明確な差) ボタンの反応は悪くないが、ゲーム等には向いてない と言った感じ。 安価な製品相応の性能という感じ。 ボタンのクリック感と、マウスホイールの性能に関しては推して知るべしというレベルで、性能は高くない。 ただ、この値段で安価に買えるトラックボールはほとんど存在していないので、トラックボール入門には最適である。 親指型を購入した理由 深謀遠慮の多くの理由があるのだが、ここで明かすことは出来ない。 敢えて言うならば、来年に向けた伏線とでも言っておくか。 親指型のトラックボールの操作を身体に染み込ませて行きたい。 いずれ、マウス並に使いこなせる日が来るであろう。 直近の散財 Kindle Fire HD キーボード トラックボール プリンター 炊飯器 と言ったラインナップを新たに購入した。 この内、キーボードとトラックボールは趣味目的で購入したのだが、それ以外は必要が生じて買ったという感じ。 特に炊飯器は割りと死活問題なので、早く新しいのが届いて欲しい。 問題は、増えてしまった物品を処分する必要があり、いい加減積んであるゴミを捨てねば……。 ちょうど年末も近

tailwind.cssでハマった罠

tailwind.cssの罠 先日、tailwind.cssで謎(?)のバグに遭遇し、2週間くらい解決してなかったのが、つい先程解決したので、記述する。 症状 javascriptで、"py-32"クラスを追加したもの、"py-32"が効かない。 原因 HTMLに"py-32"が書かれていなかったので、 対象となるクラスがバンドルされなかった 。 対処 ダミーで適当なHTMLに適用させたいクラスを記述する。その後、必要があればjavascriptで削除する。 感想 この罠のやばい所は、 開発環境では再現しない という事。 ビルド後に発生するバグってホント、デバッグしにくいですよね。 本番環境でバンドルされているCSSを分析してようやく原因に気がついた。 冷静に考えてみると、このバンドルする際の設定は全部お任せにしているとこういう罠にハマるんだなぁと。 自前でバンドル設定を書くのが死ぬほど面倒なので、エコシステムに依存した環境構築をしたのは良いとして、こんな面倒くさいことにハマるのはなんかやだなぁ。 エコシステムは楽な分、別の場所でハマる事があるので、あんま好きじゃない。

奨励会は残酷だ

奨励会の残酷さ 先日、 第71回奨励会三段リーグが終わった 。 結果は、藤本渚三段と齊藤裕也三段がそれぞれが昇段する事になった。 お二方とも、おめでとうございます。 実は、今期の奨励会三段リーグでは古田龍生三段がぶっちぎりで勝ち進んでいた。 参考: 【奨励会三段リーグ】古田龍生三段が12勝4敗に 昇段が濃厚に 。 当時の空気感としては、古田三段で今期は決まり。2番手は誰かといった点が注目されていた。 しかし、最終日に事件は起きる。まさかの古田三段二連敗。 結果として、2番手、3番手についていた藤本三段と齋藤三段が抜き去ってゴールという形になった。 奨励会は本当に残酷な所だ。 どれだけ先行していたとしても、最後にコケてしまったらそれで終わりなのだから。 古田三段と齋藤三段は、年齢が近しいが、経歴が全然違う。 古田三段は第60回から三段リーグに挑戦していて、今回で11期目。5年近く三段リーグにとどまっている算段になる。年齢も25と、26歳の年齢制限が着実に近づいている。 一方、齋藤三段は、今期初挑戦ながら一期抜けという結果を出した。24歳まで二段で奮闘していたという事を考えると、彼自身もまた年齢制限が迫っていた事がうかがえる。 奨励会三段リーグは、当然ながらそこに長くとどまらずにさっさと上がることができたら一番良いのだが、そこにいる人たちが、全員死にものぐるいで上がろうとしている人たちだからこそ、簡単に上がることができない。 そんな厳しいリーグを勝ち抜くのは並大抵の事ではできない。 例えば、齊藤優希三段は第12期加古川青流戦の決勝まで進んでいるほどの実力者だが、今期の三段リーグは13位。 三段リーグ突破には、何かしらの突き抜け力が求められている。 C級2組の突き抜けに近いものを感じるが、それくらいの実力が無いとプロになる事ができない物なのかもしれない。 ここ数年の三段リーグは、古田三段や斎藤三段の世代の棋士がぼちぼちと上がっていて、その辺の厚い層が薄くなってきている時代だった。 そして、藤井聡太五冠の活躍もあいまって、最近は十代の勢いある棋士たちが三段リーグに顔を連ねるようになった。 より、具体的に年代を絞るならば、1990年代後半世代が淘汰されて、2000年代前半生まれが台頭するようになったのだ。 文字通り世代交代が始まっているさなかと言える。 その中

API化したGASの高速化まとめ

API化したGASの高速化まとめ ひょんな事から、GAS経由でスプレッドシートの中身をAPI化する案件を頂き、ざっと構築したのは良いがあまりにも処理が遅すぎたので、高速化のためにやったあれやこれをまとめる。 全データ取得 まず、一番の高速化と言えば、データ取得。 for文で回してセルのデータを取るのではなく、 Sheets.Spreadsheets.Values.batchGet(sheetId, request).valueRanges みたいな感じで、ぐわっとデータを取るのが早い。 これは以前にやった事がある事だったので、基本中の基本なのだが、これだけだと高速化しなかった。 キャッシュ化 今回の案件は、複数のスプレッドシートからデータを取得して表示するという物であった。 故に、初回の実行時はどうしても何度かリクエストを飛ばす必要があった。 で、これが同じネットワーク(?)内だとある程度キャッシュが効くのだが、別のネットワークになると途端に起動が重くなるという クソ仕様 現象が生じた。 これを解決するために、色々調べた結果、 CacheService を使うと良い事が分かった。 const cache = CacheService.getUserCache(); みたいにして、後は let data = cache.get("keyName"); if( !data ){ //dataを色々処理 cache.put("keyName",JSON.stringify(data)); } と書いて対応する形にした。 今回は、APIを起動実行するユーザが一人しかいない前提なので、getUserCacheを採用したが、getDocumentCacheや、getScriptCacheとかでも全然構わない。 localStorageの採用 さらなる高速化として、localStorageを採用することにした。 これで、爆速化した。 一応、データ更新は3時間に1回という形にして、 let data = localStorage.getItem("keyName"); let dataObject; // キャッシュ時間は3時間くらい if( !data || data.expire

メイン端末をXiaomiのMi 11 Lite 5Gにした

メイン端末を iPhone から Android にした このブログを見返してみると、 2013 年末から iPhone をメイン端末として使っていた らしい。 この記録からするに、10 年近く iPhone をメイン端末として使っていた算段になる。 メイン端末を Android にするに当たって、幾つかの理由があったので、それを書き出していこうと思う。 Apple にイノベーションが無くなった Apple は iPhone を発表してから常に新しい機能を iOS や iPhone に詰め込んできた。 それに当初から惹かれていたというのは正直な話である。 様々なイノベーションがあったが、ここ数年、iOS から何か新しいものが出てきたというニュースはほとんど聞かなくなった。 まあ、iOS 側だけでなく、Android 側からも新しいのは出ていないけれども……。 いずれにせよ、自分はイノベーションというのを思いの外重要視していた。 故に、イノベーションが無くなった Apple に魅力を感じなくなってしまった。 マシンスペックが完全に Android の方が良くなった 以前は、iPhone > Android という関係だったが、今は iPhone < Android という状態になっている。 ハイエンドだけでなく、ミドルハイに関しても、そうなったのがここ最近の事。 今後は、ミドルレンジや、エントリーに関しても Android スマホの方が高スペックになっていくのは既定路線と言えよう。 今回自分が購入したのは、Xiaomi の Mi 11 Lite 5G 。 my new gear... pic.twitter.com/68eVSGAvpR — ArcCosine💉💉💉 (@ArcCosine) July 10, 2022 昨年発売されたミドルハイモデルで、これが非常にコストパフォーマンスが良い端末だった。 Snapdragon の 780G 搭載で、今メインで使っている iPhone SE2 とも遜色ないというより、むしろほとんどの部分に関しては上回る性能を出してくれている。 今後、Snapdragon の世代が上がっていくに連れ、A プロセッサ以上の性能を体感出来るようになるに違いない。 また、 バッテリーの持ち に関しても、かなり差