スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

『天冥の標』シリーズを読み終えたので、その感想

『天冥の標』シリーズを読み終えた 昨年の夏頃からまったりと追いかけて読んでいた天冥の標シリーズを読み終えました。 そう言えば、ふらにゃんオススメの天冥の標の第1巻読み終えました。メニーメニーシープ、面白かったです。続きも楽しく読む予定です。 — ArcCosine💉💉💉 (@ArcCosine) 2021年7月31日 らいもんさんが 時期を同じくして読み終えていた のは、シンギュラリティポイントの一つなのかもしれません、知らんけど。 閑話休題。 天冥の標シリーズの歴史的には、 2→3→4→5→6→7→1→8→9→10 (Part 1とPart 8の順番は微妙だが……)、みたいな感じなので、順番に読みたい人はPart 2から読み進めるのが良いかもしれない。 ただ、やはり作者の狙い的にはPart 1から順々に読み進めて貰ったほうが、衝撃が大きいと思う。 なので、色々と我慢して読み進めることをおすすめする。 Part10まであるが、Part 8まで読み進めないと、1巻で起きた出来事の全容を把握するのは難しい。 そこに至るまで膨大なテキストを消化しなければいけないので、本が好きな人向けの本という感じがする。 個人的には、Part 2は、現代のパンデミックも含めて凄い身近な内容に思えてとても興味深く読めたし、ある意味、天冥の標シリーズの根幹を為すストーリーなので、Part 1よりも先にPart 2を読むというのはありだと思っている。 バリバリのSF好きはPart 1を読んで様々な疑問を抱えながらPart 2以降へ読み進めていくと面白いと思う。 前半Partは、Part毎にテーマが絞られているので、案外すっきり読み進めることが出来る。 逆に、その辺がごちゃ混ぜになったPart 1は全容を理解していない状態で読むとかなり厳しい内容になってるなーというのが正直な意見。 SFでやりたい事全部詰め込みました!みたいな内容なので、SFに慣れていない人にはあまりオススメ出来ないのが非常にもったいない気がする。 三体はその辺、上手いこと短くまとめたなという印象があります。 用語説明あたりから含めて、SFってやっぱり特殊な分野だと改めて感じました。 小川氏が伝えたかった事は、Part 9 ヒトであるヒトとないヒトに詰め込まれていたなと感じました。 「ヒトと
最近の投稿

ddu-source-rgを導入した

ddu-source-rg を導入する Slack の vim-jp に、grep 何を使っていますか~と問いかけたら、ddu-source-rg 使ってるよ~という情報をいただき、早速導入した。 まずは、 本家 に書いてあるような設定を施す。 ripgrep のインストール まずは、 ripgrep をインストールする。 すでに導入済みの人はこのステップを飛ばして良い。 自分は Windows 環境なので、 Scoop で導入した。 Scoop を導入していない人は、Scoop を先に導入する事。 PowerShell で下記コマンドを叩き込めば、勝手にインストールされる。 Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser # Optional: Needed to run a remote script the first time irm get.scoop.sh | iex Scoop の導入が完了してるならば、ripgrep をインストールする。 scoop install ripgrep ddu-source-rg の導入 ddu-source-rg は、Plug やら dein やらでインストールする。 自分は、dein.toml で管理しているので、dein.toml に [[plugins]] repo='shun/ddu-source-rg' を追記しただけ。 後は、dein#install()を実行。 ddu-source-rg の設定 本家にはシンプルに call ddu#custom#patch_global({ \ 'sourceParams' : { \ 'rg' : { \ 'args': ['--column', '--no-heading', '--color', 'never'], \ }, \ }, \ }) と書いてあるので、ddu#custom#patch_global に同じ設定をすれば良い。 ごちゃごちゃしてるけれど、自分のはこんな感

KittyにUDEV ゴシックを導入

Kitty で UDEV ゴシックを有効にする 最近、Mac OSの方では、 Kitty を愛用している。 理由としては、GPUベースで動いているからヌルヌルだという記事をどこかで読んで飛びついた次第。 VimとGitがあれば、後は大抵何でもできるのだが、最近導入した Fern でフォルダアイコンとかをいい感じに表示したい欲が生まれた。 ターミナルのフォント変更についてネットで調べても、日本語記事はあまりなかった。 公式のドキュメントを読んだら kitty +list-fonts を実行して、その一覧にあるフォントを指定しろと書いてあったので、Windowsでも導入している UDEVゴシックフォント のNerd版を入れた。 UDEVゴシックフォントインストール後、kitty +list-fontsを実行し、そこに記されているフォント名を控え、kitty.confに追記した。 font_family UDEV Gothic NF Regular bold_font UDEV Gothic NF Bold italic_font UDEV Gothic NF Italic bold_italic_font UDEV Gothic NF Bold Italic font_size 18.0 font_sizeは自分の環境でのサイズなので、各自好きなサイズへどうぞ。 UDEVゴシックフォントをダウンロードする時は、UDEVGothic_NF_vX.X.X.zipと書いてある方をダウンロードする事。 NerdFont無いと、漢字が表記されて魔界になるので、注意。

Heroku を手動 deploy する

Heroku を手動 deploy する 先日、Heroku が やらかした 事件 があった。 このニュースを聞いて、すぐに github から heroku を切り離した。 その後、パスワードリセットが掛かる等、色々あったが、その辺は割愛。 実は、 つんでれ bot は heroku で稼働しているので、こいつの更新が出来ない状況になってしまった。 地味にちょくちょく更新していたので、どうにか deploy しなきゃなーと思ってたが、ようやく deploy 方法を見つけたので、ここに記録する。 heroku-cli を入れる まず、heroku-cli を導入する。 今は、npm 一発で入れられるので、 npm install -g heroku 自動アップデートされないから、他の方法をやれと書いてあったけれど、deploy する度に更新かければいいやという事で、折り合いをつける事にする。 次に、heroku にログインする heroku login をした後、Enter を叩くとブラウザが立ち上がるので、そこで認証する。 2段階認証もブラウザで出来る。 コマンドライン上でも出来るので、そこはお好みで。 その後、対象のレポジトリに移動し、remote に heroku を追加する。 cd ~/hoge/fuga/ heroku git:remote -a [アプリ名] 自分のアプリの名前は、heroku の dashboard から確認出来る。 最後に、push する git push heroku master 自分のレポジトリでは master でやってるが、main で運用している人はそこを main にすれば良い。 heroku の方でもなんか設定が必要かもしれないけれど、それは 公式ドキュメント を読んで。 編集後記 これで無事に tundere_bot を更新する事が出来た。 地味に、Twitter API ver2 もリリースされたので、近々そのバージョンで組んでみるつもりである。 あと、色々とアレなので、heroku を使うのをどこかでやめた方が良いかもしれない。 現状は代替が無いので、しばらくは heroku を使う予定だが、node が使えてお金が掛からないサービスあったらどなたか教えてください。

puppeteer で、ほどほどの速度で自動スクロールさせるコード

puppeteer で、ほどほどの速度で自動スクロールさせるコード puppeteer で、ほどほどの速度で目的の要素の位置に自動スクロールさせるコードを書いた。 await page.evaluate(async () => { const targetClass = ".target_class"; const hh = document.querySelector(targetClass).offsetHeight; await new Promise((resolve, reject) => { const moved = 100; let _top = 0; let timer = setInterval(() => { window.scrollBy(0, moved); _top += moved; if (_top > hh) { clearInterval(timer); resolve(); } }, 100); }); }); targetClass に、適当なセレクタを指定の事。 最初は、 await page.evaluate(async () => { const targetClass = ".target_class"; const hh = document.querySelector(targetClass).offsetHeight; window.scrollTo(0, hh); }); というシンプルなコードを書いていたのだが、これだと Intersection Observer 的な奴の処理が上手く走らなかったので、少し面倒くさいコードを書くに至った。 これならば、ちょっとずつスクロールしてくれるので、Intersection Observer に何か仕込んでいるサイトでもちゃんと動いてくれる。

electronのリリース用ファイルサイズを半分以下にした

electronのリリース用ファイルサイズを半分以下にした 本日、 きつねゆっくりリネーマーVer 0.0.2 をリリースした。 基本機能は変わっていないが、リリース用のファイルサイズを半分にした。 変更箇所 変更箇所は、package.jsonのbuild。 変更前 "files": [ "dist/**/*" ] 変更後 "files": [ "!.git", "!.dist", "dist/background.js", "dist/index.html", "dist/preload.js", "dist/assets/**/*", "node_modules", "package.json" ], 変更したのはここだけ。 以前のバージョンは、dist以下全部をビルドするようになっていたが、今回は、ビルド用のファイルを個別に指定するようにした。 node_modulesやpackage.jsonやら、色々書いているが、多分要らない。 今後、実験してこの辺はアップデートしていく予定。 推測 以前のビルド設定だと、dist以下を全部包含して作っていたため、同じファイルを2回パッキングしていた可能性がある。 ひどい。 まあ、何も知らないで作るとこうなるという話なので、もし似たような件で悩んでいる人がいたら参考にしていただければと思う。

ワクチン接種3回目

ワクチン接種三回目 三回目のワクチン接種を木曜日に行ってきた。 そして、昨日は完全に死に体で過ごしていた。 こんな時間になってようやく復活という形。 一回目と二回目はファイザーだったが、三回目はモデルナを接種。 当日は、寝る時に謎の悪寒に襲われて、これやべーわとなったが、案の定翌日は完全死亡。 高熱(測れなかったが、恐らく38度近く)と全身の倦怠感で色々ときつかった。 お医者さんには、少しでも痛みがあったら痛み止めガンガン飲めと言われてたので、痛み止め(自分はイブA錠が相性良いので、イブA錠を飲んだ)をガンガン飲んで、横になっていた。食事もろくに作れない状態だったので、事前に簡単に食べられる物やウィダインゼリー的な物を用意して、耐え忍んだ。 誤算だったのは、ポカリスエットを3L用意していたのだが、それが全く足りなかったという点だ。結局、合計で4.5L消費した。 もし、四回目があるなら、ポカリは3本用意しないと駄目だな……。 痛み止めの効果は抜群で、飲んだ後は大分楽になり、ちょっと買い物に行くくらいの元気は出た。 1回目と2回目は特に副反応が出なかったが、3回目はワクチンの本気を感じた。 しかしながら、諸説あるように副反応出たほうが強い抗体が出来るとかなんとかという話なので、これで大分強化されたと思い込むことにしている。 思ったよりも、キツい副反応が出たが、鎮痛解熱剤があれば人類は戦えるので、みんな鎮痛解熱剤をしっかり用意して戦おう。 バファリン、ロキソニン、イブのどれかで戦える。 ちなみに、ロキソニンのパチもん(?)も用意して飲んだが、それよりもイブの方が効いたのは多分体質的な物と思われる。僕はイブの方が相性良かった。