2013年5月4日土曜日

Ricty for powerlineをCygwinで生成する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ricty for powerlineを生成出来た!

Rictyというフォントは大変見やすいフォントです。Inconsolata + Migu 1Mを組み合わせ、プログラミングに適したフォントを使うのは、作業効率を大いに高めてくれます。しかし、これを生成するのに僕は大分苦労しました(笑)
なので、ハマったポイントを幾つか羅列していきたいと思います。僕と同様に生成でつまづいた方の参考になればと思います。

手順

  • pythonとfontforgeを導入する
  • Rictyをgit cloneする
  • WindowsにInconsolataとMingu 1Mをインストールする
  • Rictyを生成する
  • vim-powerlineをインストールする
  • powerlineのパッチを充てる
  • WindowsにRicty for powerlineをインストールする
  • .minttyrcを編集する

1つずつ書いて行きたいと思います。

pythonとfontforgeを導入する。

まず、pythonとfontforgeですが、cygwinのpythonのバージョンが2.6だったり、2.7だったり入れるバージョンによってまちまちです。なので、オススメするのは、pythonを一旦アンインストールしてしまう事をオススメします。cygwinユーザでキーボード指向の方は、恐らくapt-cygがデフォルトでインストールされていますので、

$ apt-cyg remove python

を行うことで望みどおりの結果を得られると思います。ついでに過去の、fontforgeなども消しておくと後々の為に良いと思います。

$ apt-cyg remove fontforge

でできますね

$ apt-cyg install python fontforge -m ftp://ftp.cygwinports.org/pub/cygwinports

ミラーにcygwinportsを指定して、cygwinportsのpythonとfontforgeを入れるのが大事です。

$ apt-cyg show | grep fontforge
fontforge
libfontfoge1
python-fontforge

と確認しておくと安心でしょう。python-fontforgeが入っていない場合は、個別にインストールしてください。

Rictyをgit cloneする

次に、Rictyをgit cloneします。
適当な作業用ディレクトリを生成し、そこにgit cloneします。

$ git clone git://github.com/yascentur/Ricty.git

簡単ですね。

WindowsにInconsolataとMingu 1Mをインストールする

Rictyディレクトリへ移動し、そこにInconsolataMigu 1Mをダウンロードしてきます。
Inconsolataは、

$ wget http://levien.com/type/myfonts/Inconsolata.otf

とすれば良いと思います。Migu 1Mはリンクが変わるかもしれないので、ブラウザ等でダウンロードして、zipファイルを展開し中のフォントをコピーします。
フォントのダウンロードが終わったら、Windowsにインストールします。Windowsは、フォントをダブルクリックするとインストールボタンが表示されますので、そのボタンをクリックすると自然にインストールされます。

Rictyを生成する

ここまで揃ったら、後は

$ sh ./ricty_generator.sh auto

を実行します。これには時間が10分くらい時間がかかるので、ニコニコ動画を見ながら、時間を有効活用しましょう。
フォントが生成されたら、Rictyフォントを開いてみます。この時、全角文字が開きすぎて生成されている可能性があります。(Ming 1Mと比較すると分かりやすいと思います)。その場合、追加で下記のコマンドを実行します。

$ sh os2version_reviser.sh Ricty-*.ttf RictyDiscord-*.ttf

僕にとって、ここが今回一番ハマったポイントでした。

vim-powerlineをインストールする

ここまででようやくRictyが生成されましたので、vim-powerlineをインストールしましょう。
.vimrcに

NeoBundle 'Lokaltog/vim-powerline'

と追記し、:NeoBundleInstallするだけでお手軽に導入出来ます。

powerlineのパッチを充てる

bundleをどこに指定してるかによりますが、大抵は

~/.vim/bundle/

に指定していると思いますので、生成したRictyを下記のディレクトリにコピーします。

$ cp Ricty-*.ttf ~/.vim/bundle/vim-powerline/fontpatcher/
$ cd ~/.vim/bundle/vim-powerline/fontpatcher

後は、ここで

$ python fontpatcher Ricty-Regular.ttf

とすればRicty-Regular-Powerline.ttfが生成されます。
尚、ここでpythonのエラーが生じるかもしれません。

$ python fontpatcher Ricty-Regular.ttf
Traceback (most recent call last):
File "fontpatcher", line 22, in <module>
import argparse
ImportError: No module named argparse

ライブラリが無いぞファック!!!とpython先生がおっしゃるので、必要なライブラリをインストールしましょう。

$ curl -LO http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
$ python ez_setup.py
$ easy_install argparse

同様に足りないパッケージはeasy_installで入れる事でちゃんと動くようになります。

WindowsにRicty for powerlineをインストールする

生成されたRicty-Regular-Powerline.ttfを開いて、インストールします。

.minttyrcを編集する

最後に、minttyのオプションから、Ricty-Regular-Powerlineを選択して終わり……、になりません^^

その名前のフォントはありません

とか言われるので、

$ vim $HOME/.minttyrc

として、

Font=Ricty for Powerline

とFontの部分を書き換えましょう。
その後、vimを起動すると、カッコ良いステータスラインが表示されてテンションがアップします。
数日間戦いましたが、ここまでたどり着く事が出来て僕は幸せです。
ここまで長文を読んで頂き、ありがとうございました!

参考にしたページ

0 件のコメント :

コメントを投稿