2013年5月20日月曜日

如何にして僕は家計簿をつけずに毎月の出費を管理しているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

財源管理について

家計簿をつけたいと思って中々つけられない独身男性、独身女性の方々へこのエントリをお送りします。これを読めば、来月から貴方も家計簿を付けて幸せを得ることが出来ます。

収入について

まず、家計簿を付ける前に自分の収入を見直しましょう。以外な所から収入がある事があるので。例えばこっそりやっていた副業とか懸賞金とか。まあ、でも普通の人はお仕事の給料くらいですよね、収入は。いずれにせよ毎月自分がどれだけ稼いでいるのかを意識する事は大事です。
1万円単位で覚えていればおkです。三十二万とか、十五万とか、百六十八万とか、そんな感じです。尚、僕は大体毎月十五万前後で生活しています。賢者生活なので、他人から見るとあまりにも質素な生活です。

固定費について

固定費として、家賃、水道光熱費、税金があります。それらは1年単位で計算し、月単位で割ることで毎月どれくらい掛かるかを把握します。これを固定の出費として記録しておきましょう。
もちろん、エネルギーを無駄遣いしたり、大量に稼いで税金がヒャッハーすることはありますが、それはその時考えればいいので、前年度を参考にしておけば問題ないと思います。
この固定費分は使わないように気をつけましょう。

出費について

さて、問題となるのは普段の買い物の出費です。どうやって管理すれば良いのでしょうか。一番お手軽なのはクレジットカードへ出費を一本化するという方法です。
昨今のスーパーや小売店ではクレジットカードによる生鮮食品の購入が可能になっている上、サインレスで取引完了とかザラにありますので、それを活用しましょう。後、携帯電話やネットの通信料も同じクレジットカードにまとめましょう。
そうすることで、利用額&履歴がクレジットカードに記載されますので、レシートを捨てても問題なくなります。
では、そのクレジットカードの履歴はどこで確認するかですが、昨今のクレジットカードはWeb上で利用額を確認出来ますので、それを定期的にチェックすることで、自分がどれだけ利用したかを把握することが出来ます。
つまり、総額だけでなんやかんや出来るわけですね。
画期的!!!!
ちなみに、僕はライフカードを愛用しています。ポイント還元率は普通ですが、年会費が無料という点が魅力的ですし、何よりWebで利用履歴が詳細に見れるので、後々に参照するときに助けになります。
他にも良いクレジットカードはいっぱいあるので、自分に合ったカードを探しましょう。
出来れば、クレジットカードは一枚だけにすると、ポイントが溜まりやすくなるので、二枚持ちとか三枚持ちとかしない方が良いと思います。
ちなみに、僕程度の出費でも、年間約5000円程度のキャッシュバックがあります(ポイント交換で、ギフトカードを取得)。これもまたライフカードを利用している要因の一つです。
一時期は年間1万円程戻ってきてたのですが、最近は大分キャッシュバックが減ってしまったのがとても残念ですね……

最後に

まあ、ぶっちゃけると、インプットとアウトプットをしっかりと理解していれば大丈夫なのです。
ということで、家計簿をつけてない僕がどうやって生き延びているかを羅列しました。
以上、ライフカードのステマでした。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

2 件のコメント :

  1. カードの絵柄はどんな感じですか?
    最近だと、ミク絵のTポイントカードが話題ですが、
    クレジットカードはどうですか?

    返信削除
  2. 恐ろしいことに普通の柄です。基本、キャラクタ物のカードとか欲しいという欲求が全くない人間なので……。
    敢えてこだわっている所を挙げるならば、シンプルなデザインなのを選びますね。

    返信削除