スキップしてメイン コンテンツに移動

「理解」を”理解る”人は、「理解」を読んで壊されよう

「理解」を”理解る”人は、「理解」を読んで壊されよう

テッド・チャンのあなたの人生の物語を読み終えました。

とにかく有名な SF はちゃんと読もう期間なので、未読の作品類をひたすら読んでいる。

あなたの人生の物語は、現代における最高レベルの SF 短編集なので、読んでいない人は読むべき。短編集なので、サクっと読めるのが素晴らしい。

しかしながら、内容は凄い重い。SF をゴリゴリ読む人向けと言うべき内容で、サクサク読める人と読めない人で脳みその負担は相当に違うと思う。

やはり表題作は評価が高いが、個人的にはあまり刺さらなかった。ただ、刺さる人にはザクザク刺さるような作品なんだと思う。

僕には、デビュー作である「理解」がめちゃくちゃ刺さった。

「理解」とは

ある治療によって、超人になった主人公が施設を飛び出すことから、物語が始まるのだが、まあ、飛び出す所からとにかくカッコ良い。人間の感覚器官の性能を人間のままで伸ばすとどうなるかというのが描かれている事に僕はシビれた。僕自身が、超人(というか天才)への憧れがあるから、この物語はとにかく刺さった。人が人という形のままで、人外になる物語が好きなんだろう。ありとあらゆる手段を尽くして性能を伸ばしていく主人公の前に、同じく超人となったライバルが現れる。超人 VS 超人という構図がとにかくカッコよくて、痺れる。相手の倒し方もとてつもないやり方で、このアイディアを実現するために、こんなにも詰め込んだのかと思わせる構成も素晴らしい。

最後に

テッド・チャンという天才作家に出会えて良かった。「息吹」も面白いという評価を見ているので、どこかで読んでおきたい。 しかし、現在他の名作も積んでいる状態なので、頑張って読み進めていきたい。

コメント

このブログの人気の投稿

EFIブートローダを移動した話

EFIブートローダを移動した HX90に環境を整え終わってから、アホな事をしたので、その記録を残す。 SSD: Cドライブ SSD: Dドライブ(データストレージ用) + ESP※ SSD: Eドライブ(データストレージ用) ※ESP(EFI System Partition) インストールした時、こんな構成だった。 ESPがDドライブにあるのが気持ち悪かったので、これを削除した。 そしたら、BIOS画面が出るだけになり、Windowsが起動しなくなった。 移動手順 この時の自分はMBRをふっ飛ばした時と同じ現象だと思ったので、MBRというキーワードで検索したが、今はEFIブートローダーと呼んでいるらしい。 【Win10】任意のディスクにEFIブートローダをインストールする 色々検索した結果この記事が参考になった。 Diskpartを使って、パーティションを新たに分割し、bcdbootを実行して、無事に事なきを得た。 パーティションの分割はこんな感じ Diskpart Select volume 0 shrink desired = 200 Select disk 0 Create partition EFI size=200 Format quick fs=fat32 label="ESP" Assign letter=P exit EFIブートローダーのインストールはこんな感じ bcdboot C:\Windows /s P: /f UEFI ちなみに、自分の環境だけの問題なのだが、コマンドラインで、「\」を入力するのができなかった。我が家のキーボードはHHKBだけなので、日本語配列を無理やり適用されると、バックスラッシュが入力できないという不具合が生じる。 結局、コマンドプロンプトからマウスで範囲選択してコピーして貼り付けるという荒業でクリアした。 普通の人は、何も考えずに、\を入力すれば良い。 最終的に SSD: Cドライブ + ESP※ SSD: Dドライブ(データストレージ用) SSD: Eドライブ(データストレージ用) ※ESP(EFI System Partition) という構成に切り替えることができた。

死ねばいいのにを読みました【ネタバレあり感想】

死ねばいいのにを読みました 読書熱が再熱し、京極夏彦の「死ねばいいのに」を読みました。 ストーリーはこんな感じです。ある派遣社員OLが殺され、その関係者を若い男が尋ねてそのOLの事を聞き出す。ただそれだけのストーリーです。 以下、ネタバレ感想です。