2009年1月16日金曜日

Google ChromeのDev版でGreasemonkeyを動かす

このエントリーをはてなブックマークに追加


ここを見ると分かる通りDevバージョンによってUserScriptディレクトリが違う。
最初はC:\scriptsフォルダに作っていたのに急に動かなくなってイラッとした。
ChangeLog嫁って話だよね。うん。
って事で、以下メモ。

自分は、XPなので
C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data
Vistaの人は
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default
上記のディレクトリ直下に
User Scripts
というディレクトリを作り、そこにGreasemonkeyスクリプトを突っ込む形になる。
後は、起動時の
--enable-user-scripts
オプションを忘れずに。

0 件のコメント :

コメントを投稿