スキップしてメイン コンテンツに移動

Xシリーズを読んだ

Xシリーズを一気に読む

前回に引き続き、森ミステリを読んでいる。 今回は、Xシリーズを読みました。

タカイ×タカイ

まずは、タカイ×タカイから。 読むと犯人は一体誰なのかが明らかにされていない。森ミステリにありがちなオチ。 ちなみに、自分の中では最初に出てきた犯人説が正しいと思っています。

西之園嬢が最後にシャシャリ出たのは、本当の犯人を理解した上で、責任を取るべき人に迫ったという感じがします。 Xシリーズを読むのが久々なので、探偵役が誰だっけくらいに忘れていましたが、小川さんと真鍋君のとぼけた会話劇が面白かったです。

ムカシ×ムカシ

次は、ムカシ×ムカシ。 個人的には、今回読んだ中で一番好きなオチです。 結局、売れるために全部の武器を使った結果というのが実に現実に即していて、残酷で、好きなんですよね。 こういう厳しい側面を描くのが森博嗣らしいなって気がします。

サイタ×サイタ

サイタ×サイタでは、久々に(笑)小川さんが死にかけていました。真鍋君と一緒で良かったね。 犯人の意外性とか手段の特異性があまりなく、正直拍子抜けした内容でした。 完全に繋ぎの話として作られた感があり、そこまで面白くは無かったかなー。 永田さんのアタックが意外と言えば意外で、そこは読み応えがあったかもしれない。

ダマシ×ダマシ

シリーズ最終巻のダマシ×ダマシ。 最後まで、「彼女」の事が頭に無かっただけに、衝撃度は抜群。 サイタ×サイタからの時間経過などにも必然性があり、してやられた感がすごかったです。 犯人やその共犯者に関する意外性はゼロで、そっちがメインでは無かったのは、シリーズを通して読んでいる人たち向けの構造になっていたと思います。

それにしても、「彼女」、相変わらず不毛なというか、不運というべきか。 幸せになって欲しいという気持ちはあるのですが、男を見る目があまり良くないというべきか(笑)

重い女だから、しゃーなしとは言え、その辺は頑張って乗り越えて欲しいものです。

総評

Xシリーズの主役は最初真鍋君だと思って読んでたのですが、これ主役は小川さんでしたね。 そう考えると、森ミステリの主役っていつも女性のような気がします。 男性陣は完全に添え物(笑)。 そして、女性陣はいつも何かしらの成長があるのに、男性陣が一切成長していないのは一体何なのでしょうか(笑)

まあ、男性をより現実に近づけて描けてると評価すべきなのか、それとも、森博嗣自身があまりにも変わらなすぎと評価すべきなのか、その辺は人それぞれの評価ポイントなのかなと思っています。

Xシリーズは、椙田もとい、保呂草氏が出てくるVシリーズのスピンオフ的な感じで読んでいましたが、西之園嬢は出てくるわ、ジュンジュン(考えてみれば、これは大ヒントだったではないか。気が付かない自分が悪いのだが)は出てくるわで、やはり各シリーズを読み通しておくほうが良いのかなって気がしました。

保呂草氏と仲が良かった小川さんの「あの人」が一体誰なのか最後まで明かされませんでしたが、ロクな奴じゃないですね。 愛人への呪いをスピーカーに仕込んでおくとか、色々と酷い。 結局小川さんが、その呪いからどれだけ開放されているのか、あるいは縛られているのかは明確にはなっていませんが、早くそんな女々しい男の事は忘れて新たな道を突き進んで欲しいと願うばかりです。 もちろん、「彼女」にもね。

さて、Xシリーズ、Gシリーズは並行して時間軸が過ぎているのですが、Gシリーズの後半三部作は明らかにXシリーズよりも数十年後の話なので、百年シリーズへ続くものになっています。 S&Mシリーズから始まったこのシリーズも、色々と読みすすめると、ファンサービスがあちこちに埋め込まれていて、ミステリというより、キャラ小説として読むのが妥当だなと思っています。 キャラ小説として読んだとしても面白いので問題は無いのですが、シリーズを追いかけている読者としては、早くGシリーズの最終巻を読みたいという気持ちが高まりました。

ざっと調べてみると、小川さんと「彼女」の後日談も新シリーズとして始まっているとかなんとかで、それはそれで追いかけてみたい気持ちも出てきて、まだまだ森ワールドには楽しませてもらえそうですw

コメント

このブログの人気の投稿

ダイエット途中経過報告

2020年も残り2週間 2020年も残り2週間となった。 今年は、コロナウイルスによって様々な生活の変更を強いられた年でもあった。 そして自分の勤務形態も大幅に変わった。 もともと、たまにリモートワークみたいな感じをしていたが、今年からはフルリモートワークが出来るようになった。 ありがたい限りである。取引先の方々に無理を言ってしまった部分もあるが、現状うまく回っている。 フルリモートワークになって、大きく変わった事といえば、やはり通勤をしなくなった事で、歩数が大幅に減少したという事だろうか。 具体的には、昨年は1日平均5,000歩くらい歩いていたが、今年は2,000歩前後にまで下がってしまった。 基本家に引きこもっているので、実際に歩いている距離などはかなり少ないと言っても過言ではない。 この運動不足がたたり、一時的にであるが体重が+3kgも増えてしまいヤバい事になった。 ので、自分の体重管理として、今までは3,000円くらいで買った安い体重計を使っていたが、体組成計を購入して毎日チェックするようにした。 おかげさまで、とりあえずは元の体重に戻すことが出来たが、せっかくなのでという事で、ダイエットにも励んでいる。 あすけん というアプリでレコーディングダイエットをしつつ、 リングフィットアドベンチャー で身体を鍛えている。現状は、最高時から-5kgという事で、トータルで見ると-2kgという所であるが、徐々に痩せつつある。 とはいえ、目標としては全然減りが足りないので、これからも運動と食事バランスを考えつつ体重を落としていきたい。 美味しいものを食べつつ、体重も落としつつとかなり矛盾に満ちたことをやろうとしているが、やってやれない事はないと自分に言い聞かせながらやっている。 継続してダイエットをやってみて分かった事は、自分の食生活は、脂質をかなり多く摂る傾向にあったので、それを減らしたは良いが、今度は塩分が増えてしまい、それを減らすのもまた苦労している。和食は、案外塩分が多い食事である。 あすけんは、どんな栄養分を摂っているのかざっくり見ることが出来るので、不足している栄養素を満遍なく把握できるというのは大きい。 さて、来年の今頃はどこまで体重が落ちているのか楽しみであるが、目標の-15kgを達成した暁にはまた記事を書こうと思う。

マウスを買い替えた話

マウスを買い換える 今まで、MicroHardの Sculpt Egonomic Mouse を愛用していた。 (Amazonの履歴より)2016年に購入していたので、4年ほど使っていた算段になる。 キーボードは10年以上使い込んでいるが、マウスは思ったよりも使い込んでいなかったというのが個人的な印象だ。 キーボード同様、マウスも毎日触る大切なI/Fであり、その性能にはこだわりを持っていた。 実際に、Sculpt Egonomic Mouseはここ最近まで十二分に素晴らしい性能を発揮しており、不満点はなかった。 が、流石に4年も使っていると壊れてしまうのがハードの悲しい所。 ホイールやトラッキング性能は全く落ちなかったのだが、ボタンが壊れてしまった。 クリック出来なくなる事がしばしば発生するようになってしまった。 こればっかりは、致し方ない事なのだが。 そして、今回久々にLogicoolのマウスを購入することにした。 Bluetoothが有効になるだけでなく、2台のマシンでの切り替えも可能なので、色々と捗っている。 以前使っていたタイプは4ボタンだが、これは5ボタン。 ボタン数はやはり4ボタン以上欲しい。 ここ数日使ってみて分かったが、やはり大分前からクリックボタンが壊れてたんだと改めて実感。 Vivaldiでのマウスジェスチャが綺麗に決まるので、今までのあの苦労は何だったのだろうという気持ちが大きい。 久々にマウスジェスチャの良さを体感出来たのも新たな発見である。 マウスについて 自分は、今まで色々なマウスを使ってきているが基本的にMicroHardか、Logicoolのどちらかを採用している。 久々のLogicoolだが、Logicoolもかなり性能の良いマウスを作っているので、非常に安定感がある。 その他の会社のマウスも、もちろん使ったことがあるが、割と早く壊れる印象。 4年とか5年くらい長く使いたければ、どちらかの会社のを購入するほうが最終的には一番お買い得な気がしている。 ゲームするような人間ではないし、マウスよりもキーボード触っている時間の方が圧倒的に長いので、キーボードに比べるとマウスに投資している額は少ないが、それでもなるべく良いものを長く使っていくという方針に変わりはない。 安物買いの銭失いは、もう懲り懲りだからだ。