スキップしてメイン コンテンツに移動

ニコニコ大百科のネタバレ防止反転を解除するブックマークレットをちょっとだけ変えてみた

概要!!!

iPhoneでニコニコ大百科を見てるとネタバレ防止反転を読むことが出来ないという悲しい事態がある。 それを回避する方法を今日たまたま見かけたので、実践してみた。

詳細ッ!!!

元ネタはこちら ニコニコ大百科のネタバレ防止反転を解除するブックマークレット

で、改造したコードはこちら。元ネタはPCサイトのノードをターゲットにしていたので、僕はモバイルサイトの方のノードをターゲットにした。後、無意味に無名関数で囲って謎の汚染保護。深い意味は無い。

javascript:(function(){ $(".article [style*='color: white'],.article [style*='color: #ffffff']").css("color",""); } )()

後は↑のコードをSafariやChromeのブックマークに設置するだけ。 Google Chromeの場合、ブックマークマネージャーにモバイルのブックマークって出てくるから、そこに追加するだけでモバイルにも反映されるので、便利。 Safariはふみをさんのブログに書いてある通りにやればおk. Gooogle Chromeでブックマークレットを実行する時は、アドレスバーにタッチして、ブックマークレットの名前を入れれば良い。 僕はnetabareって名前にしたので、netabareってtypeしている。

コメント

このブログの人気の投稿

ddu.vim introduction

ddu.vimへ移行する 昨日、重い腰を上げて、 denite.vim から、 ddu.vim への移行を行った。 基本的なセッティッグは、ddu.vimのREADME.mdを読めばある程度出来る。 とは言え、ddu.vimの理念を理解していないとそもそも使えないプラグインなので、理念を含めて説明していきたいと思う。 ddu.vimとは ddu.vimは、 Shougo さんによって開発されている、Vimプラグインである。 Unite.vimやdenite.vimの流れを組むプラグインであり、物凄く雑に説明すると、Vimで操作できる全てをコントロールしようというプラグインである。 雑すぎねーか。 Unite.vimからこのコンセプトは変わっていないが、Unite.vimは速度が遅いという欠点を抱えていた。 そこで、速度改善のために、pure Vim Scriptから脱却し、Python3を採用したのが、denite.vim。 しかし、denite.vimはPython回りのでトラブルが多かった。 そういう地獄のような状況で、 denops.vim というプラグインが登場する事で環境が一気に変わった。 denops.vimは、 Deno をVimで使えるようにするプラグインで、これがべらぼうにVimと相性が良かった。 早いし、色々なことが出来るなど、非常に柔軟な対応を出来るようになった。 Pythonちゃんは要らなかったんや……。 簡単にまとめると、 ddu.vimは全てを繋ぐ 環境依存性を著しく下げるdenpos.vimの登場により、環境構築が容易に Denoを採用することで高速性と柔軟性を担保 と言った、まさしく次世代のプラグインと呼ぶことが出来る。 ddu.vimの概念 ddu.vimには、 UI sources filters kinds という概念があり、これらも合わせてインストールが必要である。 それぞれ好きな物をインストールすれば良いと書いてしまえばそれで終わりなのだが、初めて導入する人にとっては何を言っているのか意味が分からないと思う。 UI は、文字通り、ユーザーインターフェースである。 とりあえず、ファジーファインダーに近い動きをしている、ddu-ui-ffを採用すれば良い。 sources は、

死ねばいいのにを読みました【ネタバレあり感想】

死ねばいいのにを読みました 読書熱が再熱し、京極夏彦の「死ねばいいのに」を読みました。 ストーリーはこんな感じです。ある派遣社員OLが殺され、その関係者を若い男が尋ねてそのOLの事を聞き出す。ただそれだけのストーリーです。 以下、ネタバレ感想です。