2013年3月2日土曜日

将棋の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に将棋を指したのですが

将棋倶楽部24にあんまり潜ってない廃人()なArcCosineです。ここ数日、思い出したかのように将棋を指したのですが、自分の棋力が衰えている事を感じました。
同時に、将棋倶楽部24のレベルダウンも感じました。久々に指した僕の将棋は毎日指していた頃に比べると格段に落ちているはずなのに、それなりに勝てちゃうんですよね。これって、それだけ将棋倶楽部24にいる人のレベルが落ちたとしか思えません。
以前は、この人達には絶対勝てないというオーラ(?)みたいなのがあったのですが、それを全く感じなくなりました。むしろ、序盤や終盤での雑さが見えるようになっていて、適当に指していても勝てるんですよね……。
まあ、万年4~5級をいったり来たりしてる自分が言うのはおこがましいのですがね。
いずれにせよ、以前に比べると敷居がぐっと下がったと思います。もし、将棋に興味を持ち始めた人は、今なら結構勝てる環境なので、挑戦してみるのはいかがでしょうか。

ところで、最近どんな戦法がオススメなの?

僕は最近振り飛車を指しています。知る人ぞ知るカナケンシステムですが、これがちょー楽。パターンさえ覚えれば、相手がどんな陣形だろうと棒銀力で押しきる事が出来るます。
もっとも、銀を上手に使う手筋が見えないと結構苦しい戦いを強いられますので、お手本となる棋譜をある程度並べて勉強すると良いと思います。
カナケンシステムで検索すればそれなりに棋譜が出てきますので、それを片っ端から再生して手筋を覚えましょう。
相手の陣形に合わせて、捌くという振り飛車ならではの感覚が求められますが、ハマると相手が何も出来ずに勝てちゃうので、オススメします。

ついでだから、今注目してる将棋指しを教えて!ハッシーとか!

名指ししてるじゃねーか(歓喜)。冗談はさておき、今注目してる将棋指しは阿部健治郎五段と、豊島将之七段ですかね。研究+才能という最も現代棋士らしい二人です。豊島将之七段は「豊島?強いよね」というフレーズである程度知ってる方はおられるかもしれませんが、若手の中でも群を抜く強さを発揮しています。安定感があると言うべきか。
羽生世代が弱りつつあり、世代交代しそうでしない微妙な状況なのですが、ここまで将棋のレベルを上げてきた羽生世代を上回る若手がどんどん出てきてほしいものです。
そういった意味では、渡辺竜王は本当に孤軍奮闘してると思います。
奨励会で見るならば、早々と昇段を決めた千田翔太三段(或いは四段と呼ぶべきか)ですね。千田、佐々木、斎藤、菅井、永瀬あたりの世代が今一番熱い!もし、歴史が繰り返すならば、ここが羽生世代と同等の力をもって駆け上がってきて欲しいところです。その前に倒すべき壁がでかすぎる気がしますがね……。

もっと気楽に将棋したいぉ

ハム将棋やろうぜ!

最後に

ここまで駄文を読んでくださりありがとうございました。

0 件のコメント :

コメントを投稿