2009年7月7日火曜日

万能ウェブサーチャ

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーボードブラウジング万歳な僕としましては、GoogleChromeの検索機能は若干使い辛いものがあります。
もちろん、Ctrl+T→アドレスバーから検索というスタイルが確立されていれば特に問題ないのですが、そのCtrl+Tも省略したいって時があります。
#通常はありません。

そんな時に役立つソフトが万能ウェブサーチャ。
作者様に直々に宣伝されまして、使ってみた所、なんかー使いづらいなー
って思って色々と指摘したら、なんとその指摘事項に全部対応してくれたという素晴らしい作者様でございます。
とまあ、前座はこの辺にして機能紹介というよりは、変態(=僕)の使い方を書きましょう。

まずおもむろに、万能ウェブサーチャを立ち上げます。
そして、そこに適当に文言を入れて検索!
そうすると、規定のブラウザで検索してくれます。
はい、簡単(ぉぃ

でも、規定のブラウザがOperaな人である僕はこのソフトはGoogleChrome専用で使いたい訳です。
って事で、オプションの設定から任意のブラウザを追加するで、GoogleChromeを追加するだけでおk。
後は、右端に表示されるアイコンでGoogleChromeを選ぶだけで簡単にGoogleChrome専用ソフト化してくれます。

ホットキーはデフォルトではCtrl+Shift+Fなので、三つのキーを同時押しすればおk。
後はごく普通にキーボードブラウジングを楽しむだけです。
Hit a Hint 可愛いよ、Hit a Hint。


万能ウェブサーチャを使っていて一番便利だなぁと感じたのは、検索欄が自動的に延びる機能。
長文を入力するような変態向けです。
例えば、
『猫postが許されるのは小学生までだよねーとか無駄に意味の無いことをやってみたりやってみなかったり』
という頭の悪い文章を入力しても、にゅるっと伸びてくれます。
このにゅるっと伸びて文字が見えるってのは案外便利且つ重要です。
アドレスバー検索に慣れてる一部変人を除いて、普通の人はそこまで長文を入力するなんて事はまったくもってありませんが。

I/Fも非常に分かりやすく、各サイトのfaviconが表示されてますので、脳内にほとばしる反射神経の汗(意味不明)に身を任せてfaviconをクリックするだけで、お目当てのサイトを開くことが出来ます。
便利やねぇ。
マウスジェスチャ機能やらスクリーンキャプチャ機能を搭載していますが僕は使っていません。
だって、基本キーボードブラウジングなんだもん。
機能のオフもクリック一発で出来るのが心憎い!

ということで、キーボードブラウジングのライトユーザ(いるのか?)お勧めのソフトです。
#例えば、Google Chrome+vimlike.user.jsを使っている人とか。
#お前以外いねーよ。

カスタマイズをほとんどしなくても使えるのが最大の特徴といっても構わないでしょう。
ダウンロードはこちらから。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se475966.html

最初のほうで書きましたように、作者様は即時対応をしてくださいます。
使いづらい点がありましたが、色々と指摘するのは親切かもしれません。
#もちろん、余計なお世話になる可能性も(おい)


あー、それから俺。
こーゆーレビュー記事早く書け。
1ヶ月放置とかどんだけ酷いんだ、お前は。
お後がよろしいようで……。

0 件のコメント :

コメントを投稿