2018年9月27日木曜日

最近Vtuberの歌ってみたにハマったので、おすすめ12選

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、Vtuberの歌ってみたにハマってる自分がいる。
きっかけとなったのは、


この動画。
ときのそらちゃんの存在は前々から認識していたけれど、この超高音で歌ってみたは衝撃的であった。


もともとは、ニコニコ動画でこの動画を見て、ついでにYoutubeでも見てみたいな流れだったんだけれど、Youtubeってよく出来てて、ミックスリストみたいなのをおすすめに提示してくるんだよね。
んで、そこから流れて色々聴き漁るみたいな流れで、今に至るみたいな感じです。

以下おすすめ。


この動画はアホみたいに再生してる。
この3人の声のバランスが良い。
おめシスはいいぞ。


ちゃんまりの独特の声もハマる。
おめシスの二人も普段の声と歌声が全然違うのがツボる。
ギャップ萌え?
この3人は他にもたくさん曲を歌っているので、歌ってみた入門としてはとりあえずこの3人の曲を聞くことをおすすめする。




サントリーの公式がやってくれた動画。
BGMとして流すのもいいけれど、ノムさんのダンスが良い。
気合の入れ方が違うのを感じる。
他にも何曲かいい歌を歌っているので、今後も期待したい。




力強い歌い方のでろーん好きな人おるやろ?
ワイや。
にじさんじでも特に歌唱力の高いでろーんの歌ってみた動画はもっとアップして欲しいと思ってる。





ハルカスの妹は歌が上手い。ちぃ、知ってる。
登場してから速攻でチャンネル登録したよ。
カッケー歌も可愛い歌も歌い分けが出来ていて凄いよね。




YuNiちゃんは、顔の表情も含めて、キチンと歌ってみたをやってる系だよね。
選曲のチョイスも自分の声質に合わせた歌が多くて、数多くのおっさんホイホイを仕掛けてるあたり、プロがやってるなって感じがする。
ちなみに、この曲をチョイスしたのは、初デュエットだからってのがある。
なんで、ユニコーン歌ってるんだよお前、しかもめっちゃ上手いじゃねえかwwww 馬だけに(激寒)



サルルとかゴリリとか好き勝手名前をつけられてるけれど、猿界隈で非常に人気の高い楽曲のシャルルを歌ってみたでも最高峰に到達してると思う。
普通にゴリラがいい声で歌っているだけなんだけれど、やっぱり上手いよねw
高音を綺麗に出せるって技術がいるもんね。





歌ってみただと、一番実力が高いと思われる富士葵ちゃんのフリージア。
止まるんじゃねえぞが救われるくらいめっちゃ綺麗な声で浄化される。
一つ前のモデルなので、出来がいまいちなんだけれど、それを無視できるくらい歌が上手い。



葵ちゃんからもう一曲。
表現力の高さを痛感出来るノリノリの曲。好き嫌いは分かれるだろうけれど、僕は好き。





通称ポンコツ。あるいは、噛み様。
関西弁の女の子好きなんだよね、僕(知らんがな)
Calcはかなりいい歌なんだけれど、意外と歌っているVtuberは少ない気がする。
子兎音ちゃんの声質と曲調がとてもマッチングしていて、心地よい。






あまり知られていない気がするけれど、朝ノ瑠璃ちゃんも歌が上手いよね。
歌ってみたがあまり目立たないから仕方がないとはいえ、この娘が埋もれてしまうほど層が厚いってある意味凄い事なのかもしれない。




最近発見した、歌うVtuber、Qキキちゃん。
モデルがアレだけれど、歌の力ってそれを気にさせないほどの魅力を醸し出してくれる。
素敵だね。



という事で、動画12個紹介したけれど、もっと上手い人とかいっぱいいると思うので、気になった人は、色々探してみてください。






ところで、ここ最近Vtuberの歌ってみたが流行っているんだけれど、仕掛け人は誰なんだろうね?
この8月→9月で一気に増えた印象です。
裏事情に詳しい人がいたら教えてくださいな。

2018年6月27日水曜日

感情の発露

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとぼりが冷めてから書くべきことなのかもしれない

こちらのブログを更新するのは久々である。
本来は、増田かどっかにこの感情と思想を書きなぐって、はースッキリとしても良かったと思うのだが、やはり古巣であるこのブログにしか書けないことだとも思ったので書き綴ります。

扱おうとしているのは、Hagex件についてと、低能先生についてと、はてなについて。

まず、Hagex氏が今回刺された事は、本当に遺憾であり、言葉にする事が難しい。
僕自身は、Hagex氏に対して特に何も感情は持たない。度々ホッテントリに出てくるブロガーという程度の認識である。
低能先生についても、ほぼ無知に近い。今回の事件が生じたことで改めて、その人物像を断片的に知ったという程度である。

つまり、この事件に関しては、全く知らないド素人である。

とは言え、これは決して看過出来ない事件でもある。
今回の事件が生じた原因などについて、様々な思惑が飛び交っている。

大枠としては、増田で煽られた低能先生がターゲットの一人であったHagex氏が自分の居住圏に来たから、行動したという物だと思う。
単なる私怨に近いものであり、仮にHagex氏でなくとも、低能先生がターゲットにしていたブクマカの誰かがそのタイミングであの場所に言ったら、被害にあっていた可能性は高い。
この痛ましい事件をどうにかして回避することは出来なかったのかと、はてな界隈の人は考えたに違いない。

一部では、はてなに責任があるという主張もある。
僕自身は、低能先生に粘着される機会が無かったので、分からなかったが、idコールを一日に十回以上も行う程の粘着っぷりだったようだ。
その都度、運営に通報され、アカウント停止はされたものの、また別アカウントを取って同様の行為を繰り返すという事を行なっていた。
ここで、「何で「はてな」は、何度も無作為にアカウントを作れる仕様にしたのか」というのが議論の的になっている。

僕個人の考えとしては、様々な人にサービスを使って貰うことを想定した場合、その辺の仕様を簡単には変えられなかったのでは無いかと推察している。
そもそも、サービスを迷惑行為に使いまくるというユーザを想定出来てはいなかったのだろう。
そして、そういうアホな事をやっている人は本当にごく少数で、重要度が低い問題とみなされていたに違いない。

この点は、確かに「はてな」の「落ち度」だとは思うが、「はてな」の「責任」とまでなると、流石にどうだろうと思ってしまう。
もちろん、責任という言葉でも間違ってはいない。だが、この事件に関する記事を知らない人が読んだ時に、「今回の殺人事件のきっかけは、はてなが作った!」みたいに考える人がいたら困るなと思っているのである。
世の中には、読解力の低い人々が多い。
そして、得てしてそういう人ほど、自分は「賢い」と感じている。
そうして、根も葉もない話を勝手に膨らませて、吹聴してしまう。
「賢い」「オレ/ワタシ」が、「賢くない」「お前ら」に「教えてやるよ」と。

なので、現段階で「責任」という重い言葉を使う人は、自重して欲しいと思う。
どうしても使いたい場合、こういう意味での「責任」ですと予めデカデカと書いておくべきだろう。

こんな分かりきった事を馬鹿みたいにブログにツラツラ書いてる時点で相当アレだけれど、僕はそういうしょうもない「誤解」を危惧しているだけだ。

僕個人の考えを箇条書きすると

  • 殺人という最低の行為を行なった事の「責任」は、低能先生がほとんど負っている
  • Hagex氏が刺されたのは、事故に近い
  • 事件の全貌はもちろん、それぞれの人となりをよく知らん外野がワーワー言うな
  • 自分は全知でないし、全能でもない
  • そして、今回の事件に関わる周囲の人もすべからくそうである事を忘れないこと
  • 無意識に生じる傲慢には、注意せよ
  • 「はてな」は、今後何かしらのアクションは必要だが「責任」を負う分野は相当少ないはずなので、混同して欲しくない

って事になる。

低能先生が行った行為は完全に間違っているし、どう言い訳しても、情状酌量の余地はない。
彼が今回のような、キチガイじみた行為を実行してしまうほど鬱屈した精神を熟成させてたのを、誰が一体止められたのだろうか。
ネジ曲がった感情を、焦燥を、心の痛みを、果たして、誰が、救えたのだろうか。
救うなんて言葉すら、おこがましいと僕は思ってしまう。
自分自身ですら、コントロールするのに手一杯なのに、他人まで支えられるほど、器は大きくないから。

だからこそ、この事件に関して、様々な感情が渦巻いている。
当然、僕には何も出来なかったし、これから先も、何も出来ないと思う。
でも、手が届く限りの範囲では、第二、第三の低能先生を生み出さないために、出来る限りの事はしたいと思う。

2018年3月3日土曜日

わりとマニアックな第76期A級順位戦の三浦対渡辺戦の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

棋譜



総括

詳細の解説は↑に譲るとして、総括です。

全体的に、先手が攻めて後手が受けるという展開でした。
46手目が渡辺先生らしくない手でした。この手を堺にジリジリと差を広げられた気がします。
最近のプロの棋士は攻めが非常に鋭くなっていて、受けに回ってもそのまま押し切られるという展開が多い気がします。どちらかと言うと受けが得意な渡辺先生にとって現在は非常にやりにくい環境になったのではないかなと思っています。

一方の三浦先生はミスらしいミスがほとんど見受けられず、快勝譜と言っても過言ではないでしょう。
冤罪事件から色々ありましたが、それでも真摯に将棋に向き合ってきた三浦先生の足取りをそのまま示したような将棋でしたね。
印象的なのは69手目の2四歩。
控えて打ってからぶん殴るという豪腕三浦を感じさせる手でした。

渡辺棋王が自身のブログに書いたように、かなり調子を落としているように見受けられますが、スランプを抜けきってまたあの憎たらしいまでに強い将棋を指して欲しいものです。

2018年2月27日火曜日

JavaScriptのargumentsって気持ち悪い動きをするんですね

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のブログ

皆様お久しぶりです、Arc Cosineです。
最近は、ゲームブログばかり更新しているので、この雑ブログも閑古鳥が泣いております。
今日は珍しく技術的な話です。

JavaScriptのargumentsって、色々便利に使えるのですが、意外とその仕様をしっかりと理解していませんでした。

https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript/Reference/Functions/arguments

興味がある方は、↑を見てください。
見てて面白いなーと思ったのが、このコード。

function func(a) { 
  arguments[0] = 99; // updating arguments[0] also updates a
  console.log(a);
}
func(10); // 99

お前変わるのかよwwwww

function func(a) { 
  a = 99; // updating a also updates arguments[0]
  console.log(arguments[0]);
}
func(10); // 99

こんな気持ち悪い動きもします。
aを変えているのに、arguments[0]が変わるという挙動をします。

ちなみに、デフォルト値を設定するという気持ち悪いコードを書くとこういう動きをします。

function func(a = 55) { 
  arguments[0] = 99; // updating arguments[0] does not also update a
  console.log(a);
}
func(10); // 10

なんだよお前wwwwww
いやぁ、草が生えます。

こういう謎の動きをするので、strictではない、デフォルト値を指定するという書き方は、避けたほうが良いですねー。

JavaScriptを触り続けて10年が経過しようとしていますが、こういう基本的な事でも知らないことってあるものですね。
argumentsを使うようなテクニカルなコードを書く事は滅多に無いのですが、頭の片隅に置いておくと良いでしょうね。

2017年8月3日木曜日

たまには意味の無い雑文を

このエントリーをはてなブックマークに追加
本当に久々にこちらのブログの更新になりますね。
今回は特に意味のない更新です。
2017年になってから一度もブログ更新していないと生存してるんだかしてないんだかって感じですが、残念ながら生存しています。
気がつけば、このブログを初めて10年が経過しつつあります。
このブログの存在意義というか、意味というか、まあ、ぶっちゃけただの備忘録的な感じのアレなので、あまりアレなのですが、それでもじっくり書いて育てたので、それなりに意味のあるブログなんだと個人的には思っています。
最近は、Qiitaという技術ネタを書くエリアが出来たので、そこに技術ネタを書き込めるようになったので、このブログに積極的に書く必要はなくなりました。
将棋ネタに関しては、適当な感想を適当に某所に適当に書いているので、それなりに、アウトプットしています。
ニコニコに関しては書くことはほぼ無くなりましたね。毎日見てはいるのですが、以前ほど熱狂的に見ているという事はなくなりました。
むしろ、Youtube見ています^q^
Operaに関しては、もう書くことがありません。
一応、Vivaldiで色々やっていますが、結局Google Chromeのコンパチみたいなので、特に言うことは無いかと。
UserJavaScriptに関してもこれといって何か書いている訳ではありません。色々自分の環境で細かく設定はしていますが、それは僕のこのブログの過去ログを遡れば大体できてるので、特に新しく何かをする事はないでしょう。


本当は、スマホ関連のアプリ開発でもやればいーんでしょうけれど、体力と時間が全然無くなっている感じです。
以前は色んな開発をざっくらばんと追っていたのですが、最近は追いきれなくなりつつあります。
webpack便利だって事を最近知ったくらいですかね。
コードを書くスキルはどんどん上がっているつもりですが、それでも最先端までには行っていない感じなのが残念です。

エンジニア35歳限界説に到達しつつある昨今ですが、この辺を打開するほどのパワーがないのに少しだけ辛みを感じています。
新しいことを学ぶ意欲が無いというよりは、既存の能力で新しい事をやっちゃってる感じがあって、すごく悲しいです。
いい加減、パラダイム・シフトレベルでの違うことやらないとダメかもしれませんねえ。


そんな感じで相変わらず毎日適当に生きてます。
落ちは無い。

2016年10月19日水曜日

AAをスマホで表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰得メモ

スマホでも上手く表示するための AAを貼り付けるためのスタイルです。@kægeさんありがとう。

@font-face{
    font-family: 'Saitamaar';
    src: local('Saitamaar'),
    url('http://keage.tokyo/fonts/Saitamaar.eot?') format('eot'),
    url('http://keage.tokyo/fonts/Saitamaar.woff2') format('woff2'),
    url('http://keage.tokyo/fonts/Saitamaar.woff') format('woff'),
    url('http://keage.tokyo/fonts/Saitamaar.ttf') format('truetype');
    font-weight: normal;
    font-style: normal; 
}
.aa{
    background: #fafafa;
    border: 1px solid #cccccc;
    color: #333;
    font-weight:normal;
    font-family:Saitamaar, sans-serif;
    font-size:5pt;
    line-height:1.1;
    text-align: left;
    margin: 0;
    padding: 0;
    -moz-text-size-adjust: none;
    -ms-text-size-adjust: 100%;
    -webkit-text-size-adjust: 100%;
    -webkit-text-size-adjust: 100%;
    text-size-adjust: 100%;
}

後は、AAをpreタグ内貼り付けて、クラス名にaaを付ける。
クラス名は各自お好きなようにどうぞ。
上手く表示出来ない時は、font-sizeを適当にいじってください。10pt~14ptあたりお薦め。

実際のテスト

             /::7ヽ '": : : : : : : : : : : : : : : : : :` 、   r─‐┐
               /:://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ l::::/:::::l
               /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`l::::rヘ:::l
           /::/: : :/: : : : : :.,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l/: : : :ヽ
            /:l/:./: : : : : : : / l: : : : : l: : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : ヽ
            /: /: : : : : : : : :/  l: : : : : ト: : : : : : ┛┗: : : :l l: : : : : : :',
.           /: :l: : : : : : : : : :/   l: : : : : l ヽ: : : : ┓┏: : : :l: :l: : : : : : :',
         /: : :l: : : : : : : : :/ヽ   ',: : : : :l. \: : : : : : : : : :ト、 l: : : : : : :.',
.        /: : : :l: : : : : : : :/  \  ',: : : :.!/ \: : : : : : : :l:::〉l: : : : : : : :',
       /: : : : :l: : : : : : :/ r─- 、ヽ \: :l r──r┐: : : : : l/ l: : : : : : : :.',
        /: : : : : :',: : : : : :.l l. l::::::::::〉   ヽl. ',::::::::::!/l: : : : : :.l  l: : : : : : : : :',
.     ,': : : : : : : ', : : : : :ハ  ヽ:::::/       ヽ::::ノ !: : : : :./   !: : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : :ト、: : :.l: l      '        l: : : : /    l: : : : : : : : : ',
.     ;: : : : : : : : : l \: l: ヽ             イ: :/l/     l: : : : : : : : : :',
     i: : : : : : : : : :l   ヽハ:| ヽ、   ─(      , l: /        l: : : : : : : : : : ',
    l: : : : : : : : : : !     l   i゙`;,,、、__ ,,.. - .::..´_;_l/-,       l: : : : : : : : : : ',
.    l: : : : : : : : : : l       r゙!:.!;,;;i゙、|. .:;.-‐_''"-‐ ''´l,         !: : : : : : : : : : :',
    l: : : : : : : : : : :!     _,..-'--゙ート,゙!:.,' /´:::.::::.:.._;;ノ゙┐     .l: : : : : : : : : : : ',
.   l: : : : : : : : : : :l  _,,..-''"     r 'イl.,' ,' _.:.. -:.:'.:. :::::::`ヽ、     l: : : : : : : : : : : : ',
   l: : : : : : : : : : :.l ,! ,'       ゞ_ソ'=!゙:.:... . ...       \   l: : : : : : : : : : : : ',
   l: : : : : : : : : : :.l .,! .l :.' .:.  _, -'ニ-'゙ゞ;,ノ            `、 l: : : : : : : : : : : : :',
.   l: : : : : : : : : : : l ,| !:.'r=1-_,..-''´           :.      .::゙、 l: : : : : : : : : : : : :',
.   l : : : : : : : : : : :/:゙!.:|;,..{rヲ,゙             :.'  ,.ィ   _,,.:.:.:゙!l: : : : : : : : : : : : : ,
.   l: : : : : : : : : : :,' .::;!/゙´ヾ-'   .:.. .. .        l; ::.:'' _,.-''"_,,....,..゙i: : : : : : : : : : : : : '
.   l: : : : :,.- : .,,_,' ::/                 ,';.',-''"_,..::'":.:.:::;':.,!: : : : : : : : : : : : : :'
.   l: : : : i゙_二_,.`` Y      ...   .        l;/ ,.-'"  .. :.:.:;'ノl: : : : : : : : : : : : : : '
    l: : :i゙_,,...ィ   ゙!:::::..:.. .. .:.:..:::. .::. . .        ,!'´    . .:.::./   l: : : : : : : : : : : : : : : '
    l: : :゙! 、,,.、   .゙、:::::::::::::::::.:.::::::::.. .:.. .    .. .:/     .:..:.::/   l: : : : : : : : : : : : : : : :'
   l: : : ゙、l゙、.i    ゙、::::::::::::::::.: :.:::::::::::.:.:.:.. .. .:..:::/     .:::.,.'     l: : : : : : : : : : : : : : : ',
   l: : :         ` 、   ... :.:.:::::::::::::::::::::::/     ..:.;.'    .l: : : : : : : : : : : : : : : ',

2016年9月11日日曜日

iPhone7(128GB)を2年間維持するのに掛かる費用を計算したら、3大キャリアから脱出しろという結論に至った

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事があまりにもひどかったのでリライト

けしてー♪ りらいとしてー♪
くだらないちょうげんそうー♪
わすられぬそんざいかんをー♪

ハガレンは名作ですよね。
ということで、iPhone7(128G)を2年間保持するのにどれだけお金が掛かるか、計算しました。

まず、auの月々割が適用されるのは、データ定額3からでした。
前の記事で計算したデータ定額1では、月々割が適用されないというクソ仕様でした。
ああ、そこまで堕ちてしまったのかと、思いましたよ、僕は。

比較的良心的だった携帯キャリアはもう居ません。どのキャリアも搾取することしか考えていません。
悲しいなぁ……。

通信費

月々の通信費 みおふぉん au 備考
電話代 200 1,700 みおふぉんの方は、自分の使ってる額から、毎月200円で算定
LTE NET 0 300 抱き合わせで絶対かかる費用(クソ仕様)
データ定額 1,600 2,900 どちらも月々3Gまで
通信費合計(税込) 1,944 6,696 その差4,752円

まず、通信費だけでこれだけかかります。

本体代金

月々の本体代 みおふぉん au 備考
機種代金 0 3,780
毎月割 0 -2,445
合計 0 1,335


通信費以外に↑の費用が掛かります。

月々の支払

月々の費用 みおふぉん au 備考
通信費 1,944 6,696
機種代金 0 1,335
合計 1,944 8,031 その差6,087


はい。
これが、一番良心的な金額です。
もう一度書きます。これが、一番良心的な金額です。

総合費用

さて、総合費用はどれほど掛かるのでしょうか。
MNPする場合と、

初期費用 MNPした場合 auで機種変更した場合 備考
本体 90,504 0 auの機種代は24ヶ月分の支払いに含まれる
契約費用 3,240 2,160
MNP費用 2,160 0
解約手数料 10,260 0 毎月割を適用している為
24ヶ月分の費用 46,656 192,744
(102,024)
auには、本体価格90,720あり
括弧内はその差分
合計 152,820 194,904 その差42,084


流石に2年間も積み上げると結構な額になりますね。
キャリアの契約に唯々諾々と従ったら、4万円損失します。
もちろん、これははした金だと感じる人もいるでしょう。
そういう人はこんなクソブログ読んでないで、もっと意識を高めてくれるブログを参考にしてください。
僕は、貧乏人なので、お金を上手にやりくりしたいと思いますので、脱庭します。
計算しなおしてみると、ひどすぎる差が出て震えます。
4万円=iPadって考えると1iPadを携帯キャリアに上げるって事ですからね。馬鹿馬鹿しい。
携帯キャリアの契約が非常にクソ仕様になっていますので、スマートフォンを手に入れたいと考えている人は、少し無理をしてでも、appleから直接SIMフリーiPhoneを購入し、音声通話が可能な格安SIMを手に入れて、3大キャリアから脱出しましょう。

とまあ、弱冠乱暴な結論ですが、実はまだdocomoだけは細かい契約に関しては発表していないんですよね……。
今のキャリアの契約のクソ仕様な所は、音声通話契約+ネットワーク契約+データ定額契約を抱き合わせでしか販売していないって所です。
その契約を分割して契約できない抱き合わせ商法なので、まったくもって遺憾です。
そうしないとキャリアにとって得にならないからなんでしょうけれども、マジでクソ仕様だと僕は思います。
金のなる木には絶対なりたくないと思った次第です。

ところで

iPhone7めっちゃ高くない?(今更……)
もうちょっと安くなりませんかね……。為替反映しろよksg。