2012年11月4日日曜日

Twitter断ち終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月Twitter断ちしてました

昨晩、少しだけ早足でしたが、Twitterに復帰しました。この1ヶ月Twitter絶って良かったと思います。
TwitterのTLを見るのはとても楽しいですが、その分時間をだらだらと使ってしまうという欠点もありました。言うなれば、テレビと同じような感じでしょうか。役に立つ情報があったりなかったり。テレビと決定的に違う点はTLの先の人とコミュニケーション出来るという点ぐらいでしょうかね。
この1ヶ月明らかにブログへの投稿が増えました。何か情報を伝えたいという気持ちが自然に高まり、意味のない駄文をダラダラと書くことが出来たのが、Twitter断ちした効果ですね。
結局意味のない時間つぶしをしてるという事になるのかもしれませんが、内容が大分違うと思います、多分(自信なし)

Twitter断ちして良かった点

Twitter断ちして良かった点の羅列です
  • ブログへの投稿が増えた
  • 新しいコードを書く習慣がついた
  • 朝、RSSをきちんと消費できるようになった
  • 本を沢山読めた(14冊)
  • リアルでの友だちと遊ぶ機会が増えた

これは僕が感じたメリットで、他の人は然程メリットに見えないかもしれません。

Twitter断ちして悪かった点

逆に、Twitter断ちして悪かった点の羅列です
  • 夜寝る時間が遅くなった
  • 自分の一瞬感じた感情を吐き出す場所が無くて少しもやっとした
  • 多少孤独感()を感じた

夜寝る時間が遅くなったという点ですが、Twitterだとよるほーがあるので、それでいま何時なのか理解出来たのですが、それが無くなった分、結構夜更かししてしまいましたね。主に将棋だったり本読んでたり、コード書いてたりゲームしてたり酒呑んでたりとかその、まあ自堕落な生き方でしたね。(毎週日曜日の夜は飲酒の日!)
感情を吐き出せないというのは、主にIE死ねなので、別に誰にも迷惑がかかってないと思います。
孤独感()ですが、やっぱり一人暮らしなので、時たまふと寂しさを感じる時がありますが、そういう時はさっさと寝て翌日の仕事に力を入れることで紛らわせることが出来ました。
結婚したいけれども、結婚相手が居ないことと、それ以前の問題として僕が養う甲斐性が無いということと、そもそも子ども過ぎるので、お相手の方を幸せにする自信が欠片も無いので無理という結論に。まあ、数年前から変わってない結論ですが。
相手を幸せにという点では、人それぞれ意見があると思いますが、少なくとも僕は相手に依存してしまう傾向が抜けてないので、それが抜けるまではしばらく独身を保つと思います。
お互いに依存しあう関係は、弾けるまでは甘く慕わしい物ですが、結局どこかで破綻してしまうので、僕にはそういう関係を再び作ろうという気にはとてもなれません。
若く無くなったとも言えますかね、こういう思考は。(それでも子ども思考という矛盾)
はい、恋愛関係の話が聞きたい人はTwitterのTLを見てね。
以上です。

0 件のコメント :

コメントを投稿