2012年9月18日火曜日

週刊漫画の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

素人意見です

僕は漫画家でもないし、漫画家志望でもないけれども、ある構造に気づいてしまったので、折角なので書きなぐっていきたいと思います。プロならば気づいてるというか誰もが当たり前にこなしてる事だと思いますし、今更ここでしたり顔で文章を書き綴ってもアレな気がしますが、自己満足という事で勘弁してください。

週刊漫画の基本は三ヶ月一ストーリーである

週刊漫画の単行本が何話分を基本にしてるか知っていますか。もちろん、知ってると思います。十話です。つまり、十週間=三ヶ月です。それで一ストーリーが完結するならば、単行本として非常に完成度が高くなります。
十週間ですのでページ数も必然的に決まってくる訳ですよね。一週間に二十ページ描ける人ならば、二百ページ分のストーリーです。十七ページが限界という人ならば百七十ページでしょうか。その中に自分の伝えたいストーリーをつめ込まなきゃいけないわけですね。とすると、詰め込める内容も決まって来るわけです。
そりゃ、プロならばそこまでを計算又は天然でできてしまうのだと思いますがね。何にせよ、週刊漫画はそれをベースに物語を綴らなければいけない制限があるコンテンツであることが分かります。伝えたいことはたくさんあるのに、実際に詰め込める内容に限界があるというのはクリエイターとしては非常に辛い部分では無いでしょうか。僕は別にクリエイターではないので、その気持ちが十二分に理解してるとは思いませんが。

巻数をまたぐ場合

僕の個人的な感覚ですが、単行本三冊分のストーリーが一番短くも長くもないエピソードだと感じてます。そうするとページ数的には六百ページくらいが楽しんで読める量だと思います。これを先の考え方と組み合わせると、三ストーリー一エピソードというのが週間漫画における理想的展開なのではないでしょうか。
時間で考えると九ヶ月ですか。面白さを保ち続ける現実的な数字だと思います。

一話完結の場合

一話完結の場合は、そのままひたすらにつなげていくだけでおしまいですね。とはいえ、先に考えたパターンを組み合わせるならば、単行本三冊分で短く区切りを入れていくと丁度良いテンポで進めていく事が出来るのではないかと思います。あくまで僕の個人的な思いですが。

結論

週刊漫画は九ヶ月で一エピソードが理想的である。
(※あくまでも素人意見です!!!!)
ここまで駄文を読んで頂きありがとうございました。

追記
誤字があったので多少修正

0 件のコメント :

コメントを投稿