2011年3月15日火曜日

東京は今、静かにパニックが始まっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーに行って来ました

今日、スーパーに買い物に行ったのですが、密やかにしかし、確実にパニックが始まっている事を実感しました。
特に、トイレットペーパー、パン類が根こそぎ売り切れ状態になっているのを目の当たりにすると、ショックを受けます。
僕自身、ここ数日間のニュース、及び余震で本当にキツイ精神状態ではありますが、どうやらまだギリギリ正気を保っているようです。

パニックだと感じた理由

パンが売り切れになるのは、仕方がないと思います。最悪調理出来なくなった時を想定しているからだと思います。
ただ、買う量が異常だと思います。
買い物袋目一杯にパンを詰め込んで買ったところで、賞味期限を考えると普通に消費しきれない事は目に見えています。

これから1週間パンだけの生活ですか。
結局カビらせて捨てることになったら、それ、本当に意味が無いですよね。
自分が買った量をどれぐらいのスピードで消費するのか理解していますか。

トイレットペーパーだってそうです。
1日で12ロール使い切るような生活してる家族は日本でも極稀なのに、なぜそんなに買い込むのか。

一呼吸置いて考えれば、別に無くても良い物を「余計」に買い込んでいる姿ははっきり言って、滑稽です。
しかし、その表情をよく観察すると不安で切羽詰まっているのが分かるので、笑うに笑えません。

どうすれば良いのか

今必要なもの」を「必要なだけ」買う。
これに尽きます。
目安が分かりませんか?
食品なんて、せいぜい1週間しか持ちません。
それ以上長い期間保存できる品物はカップラーメンとか缶詰を除けば、そうそうありません。
なので、必要な量は1週間を目安にして買うようにしてください。

他人の事をもっと考えてください

問題なのは、停電関連で工場が停止してる今、一部の商品については在庫しかない状態が続きます。
というより、その在庫を根こそぎ買っていっているので、数日後には、必要が迫られている人に必要なものが届かない状態になるでしょう。
それを理解している人がどれだけいるのやら。

主婦の皆さんはもう少し他人の事を考えてください。
自分の家族が大事なのは分かりますが、貴女に出来ることなんざたかがしれています。
なので、無駄に多く買わないでください。
いつもどおり、必要なものを必要なだけ買ってください。
そうすれば、少ない物資を上手に、みんなに分配する事が出来ます。

貴女のエゴで、多くの人、多くの家族が犠牲になります。

そしてそれが「余計な人災」を生み出します。
私がちょっとくらい多く買ったから影響が出ない、なんて考えないでください。
そうやってちょっとが重なった結果がどうなっているのかを、貴女も目の当たりにしているではないですか。
落ち着いて下さい。

もし、既に買っちゃったならもうしょうがありません。
責任をもってちゃんと全部使いきって下さい。
ゴミとして捨てたらそれこそ、本当に意味が無いですからね。

もし、これから買いに行こうと思っているのでしたら、買い物リストを書いて、それ以外の物を買わないようにしてください。

今は本当に大変な状況です。
協力したいと願っているなら、自分が買うべき物をちゃんと吟味してください。

0 件のコメント :

コメントを投稿