2011年2月22日火曜日

JavaScriptの名前空間

このエントリーをはてなブックマークに追加
別にたいしたことでは無いんだけれども、JavaScript(クライアントサイド)のグローバル変数はwindow以下に適当に作られる。
なので、なるべくwindowを汚染せずにコードを書きたい場合は無名関数とか使って幸せになりたい。
でも、なんだかんだ言っても、結局はwindowに俺俺関数やら俺俺変数やら俺俺オブジェクトを追加しないと動かなくてムキーッってなるケースも多いので、そういう幸せはなかなか到達出来ない。
最も、冷静に考えてみたら名前が衝突するようなページなんていっぱいあるんだから、あまり気にせずにガンガングローバルを汚染して知らん顔するのが低レベル技術者として出来る唯一の方法かもね。

そもそも、そういうグローバルでデータをやりとりしなきゃいけないコードを書くなという正論には耳をふさぎます(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

クロスドメイン通信楽しいよねっ!←ぉぃ

2 件のコメント :

  1. new function(){
    //ここに全てのjsをぶち込む
    }

    やったー! window汚染なくなったよー!

    返信削除
  2. や、むしろ
    (function(){
    //ここに全てのjsをぶち込む
    })();
    の方が個人的には好みです><

    返信削除