2010年7月31日土曜日

難しい日本語

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本語という言語は実にシンプルな言語であるが、同時にとても複雑で煩雑なルールで溢れている。
そのため、外国人からすると日本語は非常に「難しい」言葉になっている。

例えば、カタカナ。
外来語をカタカナ表記するという謎ルールを僕らは自然に受け止めているが、外国人からすると意味不明な言葉らしい。
音が違う、文字が違う、さらには意味まで違うなんてのはザラだろう。
なので、彼らは非常に混乱する。

例えば、助数詞。
この複雑さは日本人ですら理解出来ないほどであろう。
例えば、田んぼの数え方を知っている人は少ない。
田んぼは1枚とか1面と数える。
例えば、羊羹。
1棹、1本、1切れなどと複数の呼び方がある。
なんて複雑なのだろう。

そういう事を気にしだすと、(一応)日本人である僕が、まともな日本語を話そうと思っても話せなくなる時がある。
あれ、自分のこの言葉、正しい日本語なのかな、正式名称で言ってるかな。
そもそも、この数え方合ってるのかな。
そんな事が一瞬でも脳裏をよぎるともう駄目だ。
しどろもどろになって次に何を語るべきかを忘れてしまう。

日本語ってとても難しい(むつかしい)。

0 件のコメント :

コメントを投稿