2010年7月30日金曜日

プログラマ35歳限界説について

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、35歳が限界なのか


プログラマ35歳定年説の方が正しいかもしれませんが、敢えて限界説としてみます。
深い意味はありません。

さて、幾つかのエントリに書かれていますように、35歳で限界を迎える、又は定年とされている職業、それがプログラマです。
曰く、体力が付いていかない。曰く、新しい知識を吸収できない。
故に、35歳が限界である。

これ、プログラマに限った話ではないですよね。

「職人」の世界は、一部の人を除いて、35歳くらいが限界だと思うんです。
体力、知力、経験、そして意欲。
これらがバランス良く保たれているのが35歳ぐらいで、後は体力がゆっくりと落ていく。
平均寿命から適当に類推するに、この辺が人生の折り返し地点であり、ピークになると僕は思います。
(人間の年齢と能力が正規分布に準ずるとして)


僕が見てきた現実



僕は、二十代前半にSIerさんの所で35歳を過ぎてもコードをごりごり書いている人たちを見てきました。
その人たちは、COBOL以外何も書いたことがない人で、当時流行っていたオブジェクト指向とか、Ajaxなんかに欠片も興味がなく、ただ仕事としてそれをこなしていました。
僕はたまたま運良くそのCOBOL仕事に殆ど触れずに過ごすことが出来ましたが、その仕事スタイルを見ていて、ありえないと感じました。
肌で分かるんです。その職場にいたら絶対自分は伸びないという事が。
SIerのお仕事が悪いとは思いませんし、それが楽しくないとも言いません。
しかし、SIerのお仕事で必要なのはコーディングスキルではありません。
ひたすらに体力と気力と根性が求められる世界です。そして、何よりも卓越した業務知識とコミュニケーション(笑)スキル。
それが全て、という世界が存在するということをその時初めて知りました。
プログラマに対する見方が随分と変わった瞬間でもありました。

学生時代、プログラマは魔法使いのような存在だと思っていました。でも、プログラマが身を置く世界を限定するならば、別に魔法を使えなくても良かったんです。
自分が溜め込んだ知識を必要十分に変換/出力する能力があれば誰にでも出来る仕事なんです。
そうすると、そこはもう人月計算の世界ですよ。

「僕が居なくても、この世界は回る」

という事に気づくと、やる気なんざどこかへと消し飛んでいきます。
不幸にして30歳を超えたあたりにようやくそれに気づいたごく普通の人はプログラマ以外の道を探す訳ですね。
そして、不幸にしてそれに気づかない人は黙々と年齢と経験を重ねて50代でも職人(?)プログラマとしての道を生きていく訳です。
もちろん、ここで言う職人は業務知識の職人であり、コード技術の職人ではありません。
しかし、その業務知識の職人が必須な世界は確かに存在するのです。
それが、現実でした。


まずは、そのプログラマに対する幻想をぶち壊す


そもそも、普通のプログラマは家に帰ってからコードを書くなんてアホな事しません。

プログラマだって普通の人間なんです。
家に帰ったら、ビールを飲みつつ、テレビを見て、ああ、今日も疲れたなぁとつぶやきながら寝る。
そういうごく普通のサラリーマンと一緒なんです。


でも、家でも職場でも夢の中でもコード書いているプログラマは、存在します。


そういう存在そのものがギャグみたいな連中は35歳限界説に疑問を感じる訳です。
本当に35で限界なの?
もっとやれるんじゃないの?
ってか、俺全然限界感じてないよ?
そんな信じられない馬鹿げた世界観と知識と意欲を持った人間がいるのです。

世間一般の「プログラマ」に対する幻想にマッチングする人はとても少ないんです。
一握りの存在なんです。

日本全体で言うならば1000人居るか居ないかでしょう(俺脳内調べ)
数字の根拠は適当なのでアレですが、まあ、はてな界隈にはそういう変人が多いですよね。
そして露出も多いのでそういう人たちばかりだという幻想を植え付けられる学生や他業種の方々が居ますが、それはあくまでも幻想です。
彼らは、ギャグマンガの登場人物です。
或いはギャグそのものだと言っても過言ではないでしょう。
そんな連中は35歳に限界なんか感じないし、こういうエントリを書いて自分の中の思いを吐露することで精神的安定を得ているのです。


世界を変える人と世界を支える人



これを読んでいる貴方は、今何歳ですか?
もし、35歳を超えていたら、この文章を書いた馬鹿者の若さを鼻で笑ってください。
もし、21歳以上、35歳未満で、共感か反感を感じたら、その気持をブログに書きなぐってください。
そして、21歳未満でしたら、読み流しましょう。この文章は読んでいる貴方の毒にも薬にもなりません。ラノベ未満の影響力しかありません。

最後に、将来プログラマになりたいと考えてる人へ。
本当にコードを書くのが好きですか?
寝ても覚めてもコードの事しか考えられませんか?
そうならば、是非スーパープログラマ目指して頑張ってください。応援します。
ちょっと書くのが好き程度ですか?
それならば、趣味プログラマでとどめておきましょう。
そっちの方が二百倍幸せです。
コード書くのが嫌いですか?
それならば、普通のプログラマになれます。
コードを書くのを仕事として割り切るならば、案外長くやっていけるかもしれません。

プログラムを書くのが好きで好きで好きで好きでしょうがないという本当に変な人は、スーパープログラマを目指しましょう。
というより、そういう人が「世界を変える」コードを書いてきたと僕は思います。
コードを書くのが嫌いで嫌いでしょうがないという人は、プログラマとしての道を選んだとしても落胆しないでください。
そういう人が「世界を支える」コードを書いてきたと僕は思います。

プログラマは素敵な職業ですが、それに対する愛着が両極端でないとやっていけない職業です。
僕は、プログラムを書くのが大好きです。
願わくば、世界を変える人になりたいと思っています。
僕の限界はまだまだ先のようです。

0 件のコメント :

コメントを投稿