2009年7月11日土曜日

リファクタしつつ思ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、とあるプログラムをリファクタしてます。
リファクタをしてて感じたのは当初設計と大分変わってしまったという点が目立つという事です。
つまり、つぎはぎで機能を追加したせいでgdgdになってました。
駄目プログラムの典型的なパターンですね。
もっとも、何度も使ううちに最初の設計のまずさとかが浮き彫りになるので、そうなるのは仕方がないのですが。
後は、自分自身の知識があまりにも少なすぎたとかそういうしょぼい理由だったりします(ぉ
リファクタって重要ですよね……。
グローバル変数の多さとかにいらいらしつつ、ローカライズの事も考えたりして本当に色々と考えさせられます。
もっと勉強しないとなぁ。

0 件のコメント :

コメントを投稿