2008年12月1日月曜日

Webアプリケーションの優位性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webアプリケーションの優位性はなんだろうか。
端的に言ってしまえば、ネットワークを介する事でどこででも同じデータを取得できるという点だと思う。
それ以外は特に無い。

なので、どこででも見たいデータ以外はWebアプリケーションにするプライオリティというか重要性が低いと僕は思う。
では、どこででも見たいデータとはなんだろうかと考えるとToDoだったりスケジュールだったりメールだったり、メモだったりする訳で、それ以外は意外と一箇所で見れれば良いやってデータだったりする。
つまり、人間というのは不器用なので思った以上にデータを処理出来ない訳でして。
だからこそ、Webアプリケーションよりデスクトップアプリケーションの方が優れている理由なんぞそれこそ山のようにあるわけですね。

Webアプリケーションはその性質上、「小さくて」「誰に見られても良いデータ」である必要があります。
見られたくないデータはやっぱり各人のコンピュータ内に保持する方が懸命だと判断します。


そういう意味では、Gmailやremember the milkやQuillは良い点に着眼したと思うし、Operaのメモ機能というかOpera Linkはすげーなーって感じる訳ですよ。
例のごとく駄文でした。\e

0 件のコメント :

コメントを投稿