2008年12月3日水曜日

LDRの凄さを改めて実感。

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日公開フィードをたくさん突っ込んだ。
おかげで、5000フィードを超えるユーザになってしまったorz

まあ、それはともかく。
そんだけいっぱいフィードがあると中には自分の読みたくないフィードだってある。
んで、それを編集画面から選択して消すという作業をする訳なのだが、これは超絶に面倒だろうなぁと勝手に想像していた。

んが、それはただの杞憂に過ぎなかった。
読み込みはかなり時間がかかるものの、読み込んだ後の快適さにはびっくり。
文字による絞込みはもちろん、一覧の前後移動とかめっちゃサクサクと動く。
多分、最初の読み込みでメモリに必要な情報だけ突っ込んでいるんだろうけど、ここまで快適に動くと感動モノである。

で、そこで気がついたのが5000フィード近い量を前提としたシステム設計だったんだなと。
LDRは大量にフィードを閲覧するGeek向けのツール(サービス?)なので、これくらいの量は想定内だ、という事だ。
これは何気に凄い事じゃないかと思う。
非一般的な使い方をする人間が何を求めているのかキッチリツボを抑える事は、普通出来ない。
色んなノイズが入って使いづらい物が出来上がるはずが、そうなっていなかった。
LDRの作者は凄いよなぁ。もちろん、それをリリースする事を許したLivedoorもだけど。
最初はGoogleReaderから入ったけれど、今ではLDRが無いと生きていけない体になっている。
むう、困ったなぁ(ニヤニヤしながら)

0 件のコメント :

コメントを投稿