2008年5月16日金曜日

戦いの果てに

このエントリーをはてなブックマークに追加
ubuntu,debian,centos,fedorecore.freebsd
歴戦の戦士たちがそいつに立ち向かいました。
そして自分も大いに戦いました。しかし、奴は手ごわかった。
何しろ、ネットワークに繋がらないのだから(^^;;;
奴の名前はSiS900。悪名高き統合チップである。
そして、それはs250、つまりMEGABOOKに乗っかっていた。

ドライバをコンパイルしなおしては入れるということを繰り返し行い、あらゆる海外のサイトを巡って情報をかき集め、睡眠時間を縮めて、下手したら寿命を縮めてしまったかもしれない。
それほど手ごわい相手だったが、ついに奴は倒れた。
奴を倒したのはPuppyLinux。
あっさりとネットワークに繋がり、さくさくと動いた。
もう、今までの苦労はなんだったんだろう(笑)
とりあえず、現在Puppyが元気に稼動しています(TT)

0 件のコメント :

コメントを投稿